【海外旅行でおすすめモバイルバッテリー】空港で没収されないために知っておくべきこと。




海外に行くのに絶対に必要なものといえばスマホですよね。情報を仕入れるのはもちろんのこと、地図を調べたり、緊急時の電話などパスポートの次に大事なものといっても過言ではありません。

しかし、すごく大切なときにスマホのバッテリーがない!なんてことのないように、モバイルバッテリーは忘れずに持っていきたいものです。

でも、読者の方はご存知でしょうか?私自身は知らなかったのですが、実はモバイルバッテリーによっては、日本から出国する際に没収されてしまうものがあるのです。

せっかく準備して旅行に行くのに、いざ出国時に没収なんて本当に嫌ですよね。

この記事の中では、海外に持っていけるモバイルバッテリーを厳選して紹介しています。

[PR広告]

モバイルバッテリーは、預け入れできない

モバイルバッテリーは実は「制限ある手荷物」として航空会社に指定されています。リチウムイオン電池が気圧によって変形したり破裂したりするのを防ぐため、「預け入れ」ができません。くれぐれもスーツケースの中に入れて預けることはしないよう注意が必要です。

HARU
モバイルバッテリーは手荷物ですので、くれぐれも預けるスーツケースに入れないようにしてください。

航空会社ごとにモバイルバッテリーの持ち込み制限が異なる

実は航空会社ごとに、モバイルバッテリーの機内持ち込みできる制限が異なります。

○は個数の制限はありません。

航空会社 100Wまで 101-160Wまで 160W以上
JAL 2個まで 不可
ANA 2個まで 不可
アメリカン航空 2個まで サポートへ問い合わせ
ユナイテッド航空 2個まで 不可
デルタ航空 2個まで 不可
ブリテッシュエアウェイズ 4個まで 2個まで 不可
エールフランス 2個まで 不可
ルフトハンザ航空 2個まで 用途によって条件異なる 不可
KLMオランダ航空 要航空会社の許可 不可
大韓航空 5個まで 2個まで(機内持ち込みは最大5個) 不可
中国国際航空 50Wまでは8個,100Wまでは2個まで 2個まで 不可
中国東方航空 50Wまでは8個,100Wまでは2個まで 2個まで 不可
チャイナエアライン 2個まで 不可
キャセイ・パシフィック 2個まで 不可
カンタス航空 2個まで 不可
ジェットスター 2個まで 不可
ソラシドエアー 2個まで 不可
AIRDO 2個まで 不可
バニラエア 2個まで 不可
ピーチ・アビエーション 2個まで 不可
スカイマーク 2個まで 2個まで 不可

細かいことを言うとワット数だけでなく、リチウムイオン電池で含有量まで細かく設定されている航空会社もあります。(中国系は細かい)

殆どの場合160W以上はだめですね。

容量のわからないモバイルバッテリーは注意が必要!

容量のわからないモバイルバッテリーは没収されることがあるようですので注意が必要です。(特に中国ではその可能性が高いようです。)

一般的に容量の計算方法は、Wh(電力)=V(電圧)× Ah(バッテリー容量)です。

でもそんな細かいこと素人にはわかりませんし、もちろん保安検査場では計算なんてしてくれません。

ですので、絶対に没収されないモバイルバッテリーを持っていく必要があります。

計算とかよくわからない方のために、どのバッテリーなら大丈夫なのかご紹介しますね。

[PR広告]

海外旅行の際に絶対に没収されないおすすめモバイルバッテリー

上記の計算上では、27,027mAhまでということになります。(細かい計算は記しませんが…。)

安全領域で25,000mAh以下であれば没収されることはなさそうです。

それで、次の点を考慮に入れて、バッテリーを選んでみました。

モバイルバッテリーを選ぶ点での注意点
  • ワット数がきちんと記されているモバイルバッテリー
  • 25,000mAh以下の容量

海外旅行マニアの私が、以下のものを厳選してみました。実際自分でも利用していますので、胸を張っておすすめできます。

ハワイ旅行には3番目の大容量のものを持っていきましたが、旅行先ではこのモバイルバッテリー1回しか充電しませんでした。USB充電ポートが2個あるので、モバイルWifiの充電、スマホ、カメラの充電とかなり重宝しました。

小容量《5,000mAh》スマホ充電1〜2回分

RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー 急速充電 (最小 最軽量 /2018年11月時点) iPhone/Andorid 等対応 携帯充電器 ポータブル充電器 【18ヶ月間安心保証】 iSmart2.0機能搭載 PSE認証済み RP-PB060 (白)
HARU
この商品は、マツコの知らない世界でも紹介されましたが、かなり小さいモバイルバッテリー。ちなみに私も所有しています。サイズはめちゃくちゃ小さくて、チョコボールくらいです。重さは100gで卵2個ほどの重さですので、かなり軽いです。

中容量《10,000mAh》スマホ充電2〜3回分

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2019年1月時点 (ブラック)
HARU
こちらは、中型サイズ、大きさはクレジットカードと同じくらいです。重さは170gで野球ボールよりやや重いくらい。いずれにしてもかなり軽いですね。

大容量《20,100mAh》スマホ充電5〜6回分

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 マット仕上げ (ブラック)
HARU
これだけの大容量なら、長い海外旅行でも安心です。私はこれをハワイに持っていきましたが、持ち歩くには少々重かったです。サイズはテレビのリモコンくらいで、重さは350gで缶ジュース一本くらいです。個人的なおすすめは、持ち歩きように小容量を1つ、ホテルなどで利用するように大容量を持っていれば安心です。
[PR広告]

まとめ

海外で思い切り楽しむにはモバイルバッテリーは必須ですよね!

ご紹介したモバイルバッテリーはお手頃価格ですし、絶対に没収されませんのでおすすめです!(実際にわたしもハワイに持っていきましたが、没収されませんでした!)

海外旅行をされる際に、これらの情報がお役に立てれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

[PR広告]




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。