【SPGアメックス】VSヒルトンオナーズゴールドカード!どっちが得なのか比較してみました!




世界のホテルの2大巨塔といってもいい対決です。

『SPGアメックス』のマリオットか、『ヒルトンオナーズVISAゴールド』のヒルトンか

皆さんはどちらを利用しておられますか?

SPGアメックスが2018年8月の改悪に伴い、ラウンジと朝食がつかなくなってしまいました。そこで、ヒルトンオナーズに移行された方もおられるかもしれません。

『SPGアメックスよりも、ヒルトンオナーズVISAゴールドのほうが得なのでは…』と考えたのは私だけではないはず。。

そんなみなさまの疑問に答えるべく(というか私自身が知りたかったので^^;)この記事では、SPGアメックスとヒルトンオナーズVISAゴールドカードのどちらが得なのか、様々な角度から比較してみました!

この記事でお伝えすること
SPGアメックスとヒルトンオナーズVISAゴールドを比較して、どちらがお得か検証しています。
[PR広告]

【年会費対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

SPGアメックスとヒルトンオナーズVISAゴールド・カードゴールドは年会費がかなり異なります。

ヒルトンオナーズVISAゴールドは、『ゴールド』とつくので、かなり年会費が高そうですよね。

でも実際には『逆』なんです。

年会費比較
  • SPGアメックス 31,000円(税別)
  • ヒルトンオナーズVISAゴールド 12,916円(税別)/6,916円(税別)マイペイすリボ利用時

比べてみると、ヒルトンオナーズVISAゴールドがかなり安いですね。

ゴールドカードでこの金額はかなり安い部類に入ります。

『リボは嫌なんだよ。』という声が聞こえてきそうですが、マイ・ペイすリボは実は金利かからない設定にできるんです。

その方法は、カードの限度額いっぱいに月々の利用額上限を設定するだけなんです。

SPGアメックスが31,000円(税別)なのに対し、ヒルトンオナーズVISANAゴールドはマイペイすリボ適用で、6,916円(税別)

年会費の差はおおよそ約4.5倍!

SPGアメックスの年会費の高さが際立つ結果となりました。

年会費対決
SPGアメックスよりもヒルトンオナーズVISAゴールドの方がかなり安い!

年会費の安さならヒルトンオナーズVISAゴールドの圧勝です。

【無料宿泊特典の対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

SPGアメックスにはなんといっても無料宿泊特典があります。

2年目からカードを継続するたびに50,000ポイントまでのホテルに宿泊可能です。

ディズニーランドのそばのシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイなどのホテルや

2019年のオフシーズン導入後であれば、あの『ザ・リッツ・カールトン大阪』『ザ・リッツ・カールトン沖縄』にも宿泊可能です。

では、ヒルトンオナーズVISAゴールドカードには無料宿泊特典がつくのでしょうか?

答えは、残念ながら『NO』です。

そうですよね。年会費がSPGアメックスよりもかなり安いんですから、ヒルトンVオナーズVISAゴールドカードには無料宿泊特典はつかないですよね。

ようするに、SPGアメックスは年会費の中に無料宿泊特典のホテル代込のイメージですね。

無料宿泊特典対決
ヒルトンオナーズVISAゴールドには無料宿泊特典はありません。

無料宿泊特典ならSPGアメックスの圧勝です。

【朝食無料サービス対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

2018年以前からSPGアメックスを利用していた方にとって、最も変わったのはこの点です。

そうです。2018年8月から、SPGアメックスに付帯されていた『無料朝食サービス』がなくなりました。

これに大ショックを受けた方も少なくないと思います。

私もその1人で、このSPGアメックスの『改悪』に衝撃を受けました。

では、ヒルトンオナーズVISAゴールドゴールドはどうなのでしょうか?

ヒルトンオナーズVISAゴールドカードには、朝食無料(2名)が付帯されます。

朝食は大体3,000円くらいしますから、2名で6,000円もお得になります。

たった一泊だけでおおよそ年会費と同じ朝食代がつくのです。

年に2泊したら年会費のもと取れてしまいますね。

恐るべしヒルトンオナーズVISAゴールドカード!これはかなり得ですね。

無料朝食サービス対決
2018年8月以降、SPGアメックスには無料の朝食はなくなりました。

ヒルトンオナーズVISAゴールドには大人2名分の朝食サービスが付帯されます。

朝食無料サービスならヒルトンオナーズVISAゴールドの圧勝です。

【街のショッピングでのポイント還元率対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

カードを利用した時に貯まるポイントは、還元率が高いほうがいいですよね。

では、ポイントの還元率はどちらに軍配があがるのでしょうか?

ポイント還元率
  • SPGアメックス 100円に付き3ポイント(ポイント価値約3円) 還元率3%
  • ヒルトンオナーズVISAゴールド 1,000円に付き10ポイント(ポイント価値5円) 還元率0.5%

ポイント還元率では、SPGアメックスがヒルトンオナーズVISAゴールドゴールドを圧倒する結果となりました。

それにしてもSPGアメックスの還元率3%、そんなカードなんてほぼないですよね。

ポイントの使い方によっては3ポイントの価値は5円以上に跳ね上がりますので、ものすごい還元率です。

ポイント還元率対決

ヒルトンオナーズVISAゴールドは還元率0.5%に対して、SPGアメックスは還元率3%

ポイント還元率ならSPGアメックスの圧勝です。

【ホテル宿泊時のポイント還元率対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

街のショッピングでのポイント還元は還元率3%で『SPGアメックス』が寄り切りました。

では、ホテルに宿泊した際のポイント還元率は、SPGアメックスそれともヒルトンオナーズVISAゴールドはゴールドのどちらに軍配があがるのでしょうか?

ホテル宿泊時のポイント還元率

【SPGアメックス】

  • 100円に付き6ポイント(還元率6%)
  • マリオットゴールド会員12.5%
  • マリオットゴールド会員1滞在500ポイント

 

【ヒルトンオナーズVISAゴールド】

  • 1,000円に付き10ポイント(還元率0.5%)
  • 宿泊費支払いで2,000ポイント
  • ヒルトンゴールド特典宿泊1USDにつき12.5ポイント(還元率6.25)%

ちょっと分かりづらいので、10,000円の宿泊費で考えてみましょう。

【SPGアメックス】

  • SPGアメックス支払いで600ポイント
  • マリオットゴールド会員特典12.5%還元で1,250ポイント
  • マリオットゴールド会員特典1滞在500ポイント

10,000円の宿泊費で得た合計ポイントは2,350ポイント(還元率23.5%)

【ヒルトンオナーズVISAゴールドはゴールド】

  • ヒルトンオナーズVISAゴールド支払いで1,250ポイント
  • 宿泊費支払いで2,000ポイント
  • 通常支払ポイント100ポイント

10,000円の宿泊費支払いで得た合計ポイント3,350ポイント/1,675ポイント(1ポイントの価値は0.5円のため還元率16.75%)

結果は、SPGアメックスが押し出しでヒルトンオナーズVISAゴールドに勝ちました。それにしても、SPGアメックスの23.5%って凄すぎです。

まさにポイントザクザクですね!

宿泊ポイント還元率対決

10,000円の宿泊費に換算するとSPGアメックスは23.5%、ヒルトンオナーズVISAゴールドは16.75%でした。

宿泊ポイント還元率ならSPGアメックスの勝利です。

【マイル交換対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

マイルに交換するのに、SPGアメックスとヒルトンオナーズVISAゴールドゴールドはどちらのほうがお得なのでしょうか?

  • SPGアメックス3ポイント=1マイル
  • ヒルトンポイント10ポイント=1マイル

SPGアメックスは通常100円で3ポイントですから、マイル還元率は1%。JALカードや、ANAカードとかと同じです。

しかし、60,000ポイント交換ごとに5,000ポイントボーナス付与される特典がありますので、

60,000ポイント=25,000マイル(還元率1.25%)

JALやANAの普通カードよりものすごい勢いでマイルが貯まります。

一方ヒルトンオナーズVISAゴールドは、還元率0.1%。

この数字間違っていんです。何度も計算しましたが、0.1%の還元率です。

つまり、1,000円で1マイルという信じられないほどのパフォーマンスの悪さです。

マイル交換対決

SPGアメックスは1.25%、ヒルトンオナーズVISAゴールドは0.1%でした。

マイル交換ならSPGアメックスの圧勝すぎです。

というか、ヒルトンポイントをマイルに交換してはいけないです。。そのくらい交換率悪すぎです。

【ホテル数対決】SPGアメックスVSヒルトンオナーズVISAゴールド

ヒルトンもマリオットもホテル数はかなり多いですね。

  • マリオットグループ国内外7,000件以上(国内43件)
  • ヒルトングループ国内外5,000件以上(国内14件)

国内での選択肢の多さ、世界でもホテルチェーンとしてNo.1のマリオットがヒルトンに1.5倍ほどの件数差をつけました。

ホテル数対決

SPGアメックス(マリオット)は国内外7,000件以上、ヒルトンオナーズVISAゴールド(ヒルトン)は国内外5,000件以上でした。

ホテル数対決でもSPGアメックス強すぎです。

マリオット件数多すぎです!

[PR広告]

まとめ

では、今回出た結果を表にまとめてみましょう。

年会費対決 SPGアメックス<ヒルトンVISAゴールド
無料宿泊特典対決 SPGアメックス>ヒルトンVISAゴールド
無料朝食サービス対決 SPGアメックス<ヒルトンVISAゴールド
街のショッピングでのポイント還元対決 SPGアメックス>ヒルトンVISAゴールド
ホテル宿泊時のポイント還元対決 SPGアメックス>ヒルトンVISAゴールド
マイル交換対決 SPGアメックス>ヒルトンVISAゴールド
ホテル数対決 SPGアメックス>ヒルトンVISAゴールド

SPGアメックスの勝ち星【5】、ヒルトンオナーズVISAゴールドの勝ち星は【2】

よって、SPGアメックスの勝利となりました。

この比較の仕方ならSPGアメックスに軍配が上がりましたが、年会費がかなり違うので、もともと比べる対象にないのかもしれません。

SPGアメックスは『メインカード』として使用して、ヒルトンオナーズVISAゴールドはヒルトンに年2日以上宿泊するなら「保有カード」として朝食目当てで持っておくのも有りかもしれません。

わたしは、SPGアメックス派でメインカードとしてポイントを貯めています。

紹介での入会も今ならキャンペーン中で最大90,800ポイントもらえますし、圧倒的にオススメです。

ご友人や、ご家族、お知り合いの誰かにSPGアメックスをお持ちの方がおられたら、紹介してもらってください。

でも、「審査落ちしたらなんか気まずいな」とか、「だれも知り合いにSPGアメックスを持っている人がいない」

という方は、以下のSPGアメックス特別紹介リンクをご活用ください。

以下のフォームから、自分宛てにSPGアメックスの特別紹介リンクを即座に送信できます。

SPGアメックス入会申込みリンク

メールを送るの面倒だな。とお感じになる方は、以下のフェイスブックのサイトからも申し込むことができます。

下は、フェイスブックのサイトをスクリーンショットしたものです。

フェイスブック紹介ページをクリックすると開きます。

フェイスブックのアカウントは特に必要ありませんのでご安心ください。

フェイスブック紹介ページ

メールが届かないときには、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうことがあります。迷惑メールフォルダをご確認ください。

迷惑メールフォルダにもない場合は、システム上の問題と思われます。もお手数ですがもう一度メールをお送りいただくか、フェイスブック紹介ページからお申し込みください。

今回の検証では、SPGアメックスの勝利となりましたが、ヒルトンオナーズVISAゴールドもかなりいいカードであることに間違いはなさそうです。

あなたはどっち派ですか?

[PR広告]



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。