奥日光湯元の無料の足湯「あんよの湯」で癒されたい




日光には温泉がたくさんなりますね。

例えば、日光湯元。近くに鬼怒川温泉。温泉好きにはたまりません。

そしてここ「奥日光湯元温泉」にも実は無料で入れる「足湯」があります。

無料というのは嬉しいポイントですよね。早速入ってきましたので、現地レポートにてお届けします。

[PR広告]

現地レポート

今日は、奥日光に調査に来まして、あんよの湯というのを見つけました!

なになに、あんよの湯は奥日光の温泉の源泉のすぐそばにあるため、湯量が豊富とのこと。

良いですね!しかも無料です。


いつもどおり駐車場を探して停めました(^^)

奥日光湯元は、駐車場が全て無料なのも良いですね!(^^)

奥日光は何度か来たことがありますが、なかなか日光の賑やかな感じと違って、本当に静か。

ゆっくり休日を過ごしたい人にはオススメですね!


駐車場から徒歩3分くらいであんよの湯に到着です。


なんとこの日は修学旅行生(小学生)で大にぎわい!!

「あちゃー、ゆっくり静かに過ごしたかったのに〜」と思いながらも、みんなと仲良く入りました。

この足湯の特徴として、同時に40人ほどが入ることができます。

しかも屋根があるので雨の日でも入れますよ。

小学生も去って行ったところで一枚パチリ☆

なかなか良い雰囲気ですよね。源泉が近いためか、お湯が白濁としています。

三箇所にお湯の熱さが分かれていて、真ん中は激アツです!正直私は10秒くらいが限界でした。

さすが源泉の近く!って言っても、熱すぎではないでしょうか?(^^;;

HARU
真ん中のお湯、本当にめちゃくちゃ熱いです。途中、数分足を入れている家族がいましたが、足が真っ赤になっていました。あれは軽いやけどですよ(笑)熱い好き?の人は是非数分お入りくださいませ。そしてコメント欄などでお知らせください。(笑)

うちは一番ぬるーいところに入りましたが、それでも足が赤くなりました。

お湯のそこには、湯の花があり、とても癒されました。

深さも浅いので小さい子でも安心して入ることができます。


最後に足を洗う場所もありますよー

[PR広告]

あんよの湯Q&A

ここからは、私自身が「あんよの湯」を利用する上で疑問に思ったことを書きたいと思います。

あんよの湯の場所は?

住所:〒321-1662栃木県日光市湯元

あんよの湯の電話番号は?

0288-53-3795

入浴料は?

足湯の入浴料は完全無料です。

あんよの湯の営業時間は?

4月から11月まで(期間中無休)12月から3月までは休館

HARU
冬の時期12月から3月まではお休みですので注意してください。

AM9:00〜20:00

ただし祝日は10:00〜

あんよの湯の混んでいる時間帯は?

だいたい平日は12時から15時位が込みやすいようです。

土日は、全体的に混みやすい傾向にあります。(時期や天候によって変わりますのであくまで目安です。)

駐車場はどこにある?料金はかかる?

駐車場は奥日光湯元温泉内の無料駐車場を利用できます。

下のマップの青いところです。あんよの湯は徒歩5分圏内です。

駐車料金は無料です。Aが駐車場Bがあんよの湯です。

あんよの湯で貸しタオルはある?

貸しタオルはありません。タオルは200円で販売しています。もちろん持ち込み可です。

あんよの湯の泉質は?

泉質は単純硫黄泉で神経痛、リュウマチ、高血圧などに効能があるそうです。奥日光の硫黄泉は日本で4番目に濃いと言われています。ハイキングや登山、はたまた旅行で歩いた足の疲れをとるのに最適のスポットです。

公式サイトはある?

公式サイトはおそらく以下の日光市の観光サイトだと思います。

http://www.nikko-kankou.org/spot/602/

トイレはある?

トイレは、あんよの湯の目の前にあります。

コンビニや売店はある?

コンビニや売店は残念ながらありません。

自動販売機ならあります。

アクセスはバスでも行ける?

はい。バスでも行けます。JR東武日光駅から、バスで80分

湯元温泉下車で徒歩5分です。

[PR広告]

 まとめ

奥日光湯元にある「あんよの湯」

三種類の温度の場所を楽しむことができ、しかも無料なので、カップルや家族連れにオススメです。

足もポカポカになって癒されました。

あっつーい真ん中の足湯もチャレンジしてみてくださいね。

HARU

足湯の温度は、他の方の口コミなどを見ると、ぬるいという方や、あつすぎて足湯できなかったという方まで様々ですので、時期によって異なるかもしれません。自分が行くときはどうだろう?という楽しみがありますね(笑)私は次も熱かったら、1分入浴にチャレンジしたいと思います。(笑)

奥日光湯元温泉にある「あんよの湯」は無料で心も体もほっこり癒やされる入浴スポットでした!ぜひ湯滝まで行かれた方は、行ってみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

[PR広告]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。