【軽井沢マリオットホテル宿泊記・ブログ】軽井沢マリオットに子連れで宿泊。温泉露天風呂付きのノースウィング宿泊記!




軽井沢は日本全国でも有名な避暑地。

しかもオシャレスポットとして、都内や横浜などからの観光客も跡を絶ちません。

そんな軽井沢に観光に来た時、どこに泊まろうかな?と思いますよね。

今回の旅行で、私は軽井沢マリオットホテルのノースウィングに宿泊しました。

とても洗練されたデザインの建物。

おしゃれな内装。

どれをとっても一流のホテルで、本当に快適に過ごせました。

PR広告

現地レポート

東京から軽井沢観光のため、軽井沢マリオットホテルのノースウィング(NORTH WING)にやってきました。

マリオット軽井沢の新館で、美しい緑の中でひときわ際立つ隠れ家的なホテルです。

ホテルのデザインも作り込まれていて本当にオシャレでした。

2016年7月29日に開業しただけあって、新しくてとにかくキレイ!

ちなみにノースウィングに宿泊される方は、チェックインは最初から本館ではなくノースウィングで行うことができます。

ノースウィングに専属のスタッフの方がおられて、眼の前の駐車場に到着すると出迎えてくれます。

ホテルの入口に入ると黒の壁に日本らしい素敵な作品が飾られています。

外国の方も多かったですが、こういった日本的な感じは外国人旅行者にも喜ばれますね。

和を基調とした美しいデザインです。

ノースウィングのフロントの様子です。これまたオシャレなシャンデリアに、階段なども木を基調にしたデザインになっています。

ここのフロントでチェックインとチェックアウトを行うことができます。

二階に登ってから、一階の入口側を撮影した写真です。

入口横にウエルカムドリンクが準備されています。

ホットとコールドが準備されています。

チェックインを済ましたら、フロントの方が直接荷物を部屋まで持っていってくれました。

小さな子どもが一緒でしたので、助かりました。本当にありがとうございます。

ちなみに2階建てですが、エレベーターは完備されていますので、車椅子の方でも安心して利用できます。

2階の廊下の様子です。

清潔感のある白い壁と絨毯のコントラストが素敵です。

客席に入ると39㎡と比較的広いお部屋が広がっています。

PR広告

客室の様子

右の奥に見えるのが玄関部分で、靴を脱ぐ小さな玄関があります。

靴を脱ぐマリオットはそうそうないので、これは良かったです。

子どもたちは、スリッパとか履いていてもすぐに部屋の中で脱いでしまいますもんね。

土足禁止の宿ですが、スリッパも準備してくれています。子どもが添い寝すると伝えておいたところ、子ども用のスリッパを準備してくれました。

ベットはツインを2台くっつけて頂きましたので、子どもが添い寝しても十分の広さでした。(前もってホテルに電話してお願いしておきました。)

二人くらいまででしたら、子ども(未就学児)の添い寝は可能かもしれません。

ベットは高級ベットのシモンズでした。比較的硬めの寝心地でぐっすり眠ることができました。

玄関の横には洗面台があります。ドライヤーも十分な風力がありました。

鏡も大きくて使いやすかったです。

高級アメニティのTHANN(タン)が使用されています。

ハンドソープも石鹸も全部THANNでした。

いい匂いでしたよ。

洗面所の奥がトイレになっています。

最新のきれいなトイレでしたので、きれい好きの方も安心ですね。

清掃も十分に行き届いています。

お部屋の中には一つ引き戸を挟んで脱衣所になっています。

こちらはちょっと狭めでしたね。

2人くらいで入るのが限界でした。

2階の温泉ビューバスプレミアムルームのお風呂です。

ビューバスは露天風呂という感じではないですが、正面の窓は開けることができますので、露天風呂気分が味わえます。

おふろも少し小さいかな?と思われた方もおられるかと思いますが、実はこの大きさがとてもいいんです。

足を伸ばすとちょうど壁に当たるくらいで、安定した体勢でゆっくりくつろげます。

露天風呂付きなので家族連れ、小さな子どもがいる方や、ご年配の方も他の方を気にせず入れます。

浴室のシャンプー、ボディーソープ、リンス、全てTHANN(タン)のものでした。

本当にいい匂いだったので、購入したいなと思ったのですが、どこで売っているんだろう。

ノースウィングに宿泊の場合は、本館にある大浴場にも無料で入ることができます。

写真は軽井沢マリオットホテル公式サイトより引用

こちらが、本館にある代用場の様子。

大浴場も露天風呂があったり、ゆったりできますので、お部屋のお風呂も、大浴場もどちらも入られるのをオススメします。

ちなみに本館大浴場のシャンプー、リンス、ボディーソープはいずれもPOLAのものでした。

HARU

実は軽井沢マリオットホテルでは塩沢温泉と小瀬(コセ)温泉の2つが楽しめます。

塩沢温泉は新館(ノースウィング)のお部屋の温泉。

「塩沢温泉」は、“熱の湯”と呼ばれる保温効果に優れたお湯が特徴。カルシウム-塩化物泉という塩分を多く含むお湯で、少し入っただけでも身体の芯からぽかぽかにしてくれます。温泉に浸かったあとには、体も心もポカポカになります。

小瀬温泉は本館(メインウィング)の大浴場と露天風呂の温泉。

「小瀬温泉」は浅間山の標高1,150mあたりで湧出する湯で、泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉。“美肌の湯”とも呼ばれています。肌の不要な角質や毛穴の汚れを取ってくれる女性に嬉しい効能がたくさんなのもうれしいところ。温泉に浸かったあとはさっぱりするのが特徴です。

ひとつの宿で2つの温泉が楽しめるのはお得ですね!

ベットの上から撮影した写真です。眼の前に琉球畳のオシャレな空間が広がります。

大型のテレビも配置されていて、39㎡にスペースに無駄なく設置されています。

設計した人は、スペースを無駄なく活用し、お部屋を広く見せるの大変だったと思います。

平米はどんなに広くないですが、狭いなとは感じませんでした。

PR広告

ラウンジ

私は当日の夕食は、近くのハルニレテラスにある村民食堂でいただきました。

村民食堂、観光地の割に比較的リーズナブルで美味しかったですよ。

マラウンジとレストランは、ノースウィングのお隣の軽井沢マリオットホテルの本館にあります。

本館の入り口から入って、左手にレストランとラウンジがあります。

本館は伝統ある感じの素敵な佇まいになっています。

手前のスペースがラウンジ部分、奥のスペースがレストランという形になっています。

マリオットのエリートメンバー(プラチナメンバー以上の方)はラウンジの利用が無料です。

瓶ビールはアサヒ、キリン、サッポロなどが揃っています。

生ビールはエリートメンバーの方の飲み放題プランにはありません。

瓶ビールの蓋は、スタッフの方に頼んで開けてもらうシステムです。

赤ワイン、白ワイン、シャンパンなども飲み放題です。

それとおつまみなどもすこし準備されています。

すべてセルフサービスで取りに行くことになっています。

朝食&レストラン

朝食は、ラウンジの横にあるので、本館レストランでいただきます。

朝食料金は大人一人3500円です。未就学児は無料でいただけます。

朝食はどれもこれも美味しかったです。

和食洋食のどちらも揃っています。

サラダやフルーツ、フレッシュジュースも飲み放題です。

卵料理の注文は席についたら、スタッフの方に伝える形になっています。

その場で目玉焼きとか、スクランブルエッグとかオムレツとかいろいろ注文できる用紙をいただけますので、席についたらすぐに注文することをおすすめします。

混んでいると出てくるまでにかなり時間がかかるのです。

HARU

卵料理は、席についたらすぐに注文してくださいね。

その後にビュッフェを取りに行くと良いと思います。

私は、結構遅めに注文したため、朝ごはんを食べ終わる頃に料理が到着しました。

美味しかったのですが、お腹いっぱいで少し残してしまいました。

ごめんなさい。

私が注文したのは、エッグベネディクトです。

パンの上に乗っていて、とろーりたまごでとても美味しかったです。

私の知っているエッグベネディクトとは少々見た目が異なりましたが…。

軽井沢マリオットホテルの朝食で最も良いのは、軽井沢で有名な浅野屋のパンが提供されることです。

老舗浅野屋のパンが食べ放題なのは素直に嬉しいです。

スタッフの方に確認しましたが、すべてのパンが浅野屋のものです。

浅野屋は軽井沢では老舗中の老舗のパン屋です。

どれもこれも美味で、何個も頂いてしまいました。

ちなみに後で浅野屋さんに行きましたが、軽井沢マリオットホテルで提供しているものはお店で購入することができないようです。

たくさん食べておいてよかった。(笑)特にデニッシュが絶品です。

PR広告

軽井沢マリオットホテルQ&A

ここからは、私自身がマリオット軽井沢に泊まる上で、疑問に思ったことを記したいと思います。

ところでノースウィングって何?

「ノースウイング」は、緑豊かな森に面した12,000m2の敷地に新築された2階建ての客室棟です。「軽井沢の森の暮らし」をテーマにデザインされたリゾート感あふれる色調の客室全56室は、39㎡のゆとりある空間。すべての客室に森を感じながら天然温泉浴を楽しめる浴室があり、1階の客室「温泉露天風呂付プレミアルーム」(28室)では露天風呂とプライベートガーデンにより「和」のあたたかみを、2階の客室「温泉ビューバス付プレミアルーム」(28室)では、窓から緑の景色を望む開放感のあるビューバスとモダンな空間をお楽しみいただけます。また海外からのお客様にも、靴を脱いでゆったりと和の寛ぎを体験いただけるよう、リビングスペースには畳を配してます。

マリオット軽井沢公式サイトより引用

メインウィングが本館で、ノースウィングが新館です。

ノースウィングの客室のほうがメインウィングよりグレードは上になります。

HARU

宿泊するならノースウィングがオススメ!

客室に温泉がついているのは新館だけです。

ノースウィングの客室タイプの違いは何?

客室タイプ 定員 面積 室数
温泉露天風呂付プレミアルーム(1階)
ツイン/キング
2~4名 39m2 28室
温泉ビューバス付プレミアルーム(2階)
ツイン/キング
2~4名 39m2 28室

1階は露天風呂で、二階は温泉ビューバス付きとなっています。

私が宿泊したのは2階温泉ビューバス付きプレミアルームです。

ホテルの部屋の備品は?

【浴室】電気ケトル、マグ、ティースプーン、タンブラー、ドライヤー、拡大鏡、体重計、グラス、ティッシュケース、目覚まし時計、メモケース、 ペン、アイロン、アイロン台、靴べら、洋服ブラシ、ハンガー、ハンガーピンチ

バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、バスマット、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、固形石鹸、ボディローション、 ハンドソープ、歯ブラシ、コットンセット、シャワーキャップ、シェーバー、シェービングフォーム、ボックスティッシュ、 マウスウォッシュ、ヘアブラシ、ソーイングセット、絆創膏、サニタリーバッグ

【クローゼット】
ランドリーバッグ、シューミット、スリッパ、浴衣、使い捨てタオル、ビニール巾着袋

【居室】
水(無料)、ドリップコーヒー(ミカド珈琲)、デカフェ、紅茶、緑茶

ホテルの住所は?

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339

マリオット軽井沢のカテゴリーは?

カテゴリーは5です。マリオットホテルでは1〜8のカテゴリーに分けられています。

8が最高位です。こちらのホテルはカテゴリー5ですので、全体では真ん中より少し上のカテゴリーに入ります。

ホテルの星は4.5星です。

マリオット軽井沢の無料宿泊ポイント数は?

  • オフシーズン    30,000ポイント
  • レギュラーシーズン 35,000ポイント
  • ピークシーズン   40,000ポイント

です。

PR広告

まとめ

軽井沢マリオットホテルのノースウィングは、とてもオシャレでキレイで、快適で、何も文句のつけようのないホテルでした。

部屋のお風呂もちょうどいい大きさで、2回も入ってしまいました。(笑)

朝食の浅野屋さんのパンも絶品ですので、可能であれば朝食も軽井沢マリオットホテルで召し上がることをおすすめします。

子連れの方も快適に過ごせるホテルでした。

個人的には、軽井沢に宿泊する際には、今後もぜひ宿泊したいと思っています。

この情報が軽井沢マリオットホテルに宿泊する方や、悩んでいる方、軽井沢のホテルを探している方のお役に立つようなら嬉しいです。

ところでマリオットに宿泊予定の方は、最安値で宿泊する方法をご存知でしょうか?

マリオットの公式サイトから宿泊予約をして、24時間以内により安いサイトを見つけた場合は、その安い金額より更に25%オフで宿泊できるベストレート保証というのがあります。

絶対に、このベストレート保証を活用したほうがお得です。

私は、他のホテルですが、「京都のウェスティン都ホテル」に宿泊した際に、ベストレート申請をして、12,600円引きで宿泊しました。

ベストレート保証についての詳しい情報は、以下の記事を御覧ください。

>>>《1万円以上お得!?》マリオットベストレート申請に成功した方法!失敗しない探し方大公開!

また、マリオットホテルに泊まるのに、あまりにもオトクすぎるクレジットカード、SPGアメックスはご存知でしょうか?

無料の宿泊がもらえたり、ポイントザクザク、アップグレードにレイトチェックアウトと持っているだけで、マリオットの上級会員になれるカードです。

もしご存知でない方は、以下の記事についても御覧ください。

>>>SPGアメックスは、持っているだけで上級会員!超お得なカードだった!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

軽井沢の観光でどこに行こうかなと思われている方は、あの星野リゾートが手がけた「ハルニレテラス」がオススメです。

もしよろしければ以下の記事も合わせて御覧ください。

>>>軽井沢のオシャレスポット!ハルニレテラスのアクセス、駐車場料金、おすすめスポットなどを紹介☆
PR広告



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。