【ザ・リッツ・カールトン沖縄宿泊記・ブログ】首里城のような圧巻な外観!子連れも大満足!広いお部屋&充実アメニティ、レストランで舌鼓の体験を口コミで紹介!




沖縄にはたくさんのホテルがありますよね。

それで、ホテル選びで悩んでいる方も多いと思います。記念日などで、ちょっといいホテルに宿泊するために「ザ・ブセナテラス」や「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の情報を探しておられるかもしれません。

また、SPGアメックスを持っている為、マリオットの上級会員の方は、沖縄のマリオットグループの最高峰「ザ・リッツ・カールトン沖縄」に宿泊したいけど、どんな処だろう?だと思っておられるかもしれません。

そんな方のために、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」に宿泊した体験を記事にまとめました。

この記事が、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」に宿泊を考えている方のお役に立てると嬉しいです。

本記事はこんな方にオススメ!
  • 沖縄のホテル選びに悩んでいる方
  • SPGアメックスを持っている方でリッツカールトン沖縄のことを知りたい方

PR広告

現地レポート

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」にやってきました!

リッツカールトン沖縄に近づいてきて、目に見えてきたのは、その圧倒的な存在感!

まるでお城です。

なんでも首里城をモチーフにしているようですが、今回の沖縄旅行で「首里城」にいってきましたが、実際の首里城よりも大きい!?と感じました。

その圧倒するようなホテルの佇まいに、家族で「すごーい!」を連発。

入り口の門構えもすごい重厚感。

場違いと感じるほどのホテルの立派さでした。

PR広告

チェックイン

入り口の様子。

こんな大きな足拭きマット?あるんですね。

足拭きマットをかっこいいと思ったのは初めてです。(笑)

そうそう、当日私達はレンタカーで「ザ・リッツ・カールトン沖縄」に向かいましたが、このホテルの駐車場は「バレー式」いわゆる車の鍵をホテルの係の人に預けて、駐車場にもっていってもらうシステムになっています。

ですので、車は入り口で預けて、チェックインに向かいました。

入り口から入って、チェックインを行います。

ロビーは吹き抜けの構造になっていて、入り口ではバニラのような甘い香りが漂っていました。

この香りが本当にいい香りで、家にも欲しかったので売店に言って聞いてみました。

売店のお姉さんに聞いたところ「非売品」だそうで売っていませんでした。残念!

さてさて、チェックインですが、チェックインカウンターが混んでいたので、ロビーでチェックインを行うことになりました。

ホテルに到着する時間を前もって伝えていなかったので、かなり待つことになりました。(15分くらい)

これは失敗でした。(苦笑)

スムーズなチェックインを希望する場合は、前もって「マリオットボンヴォイ」のアプリでチェックイン時間を伝えておくことをオススメします。

しばらくロビーで待っていると、担当の方が来られてチェックインとなりました。

「今回のお部屋はどんなのになるんだろう?」

SPGアメックスを持っておられて、マリオットのゴールド会員以上の方は、一番ドキドキする瞬間ですよね。(笑)

SPGアメックスを知らない方のために少しだけ説明すると、「SPGアメックス」というクレジットカードをもっているだけで、マリオットグループの上級会員の資格(ゴールド会員)をもらえます。

マリオットグループの上級会員になると宿泊当日空き部屋が有ると、無料のアップグレードをしてもらえるのです。

宿泊するお部屋によっては、3万円以上お得なお部屋に宿泊できることも。

さて今回は、どんなアップグレードをしていただけるのでしょうか…。

ドキドキして待っていると

担当の方から「お客様は今回、プレミアムデラックスルームへアップグレードさせていただきました。」

と報告をいただきました。

もともとはデラックスというもっとも安いお部屋を予約していたのですが、一つだけでもアップグレードされたらいいなと思っていましたが、思った以上のアップグレードとなりました。

  • デラックスルーム
  • ベイデラックスルーム
  • プレミアデラックスルーム
  • ガバナルーム(露天風呂付き)

二段階のアップグレードとなりました!

「ありがとうございます」と平常心を装い感謝をお伝えしましたが、内心では、

「ひゃっほー!」と跳ね上がりたくなるくらいうれしかったです。(笑)

SPGアメックスをもっているだけで、ほぼ毎回アップグレードしていただいていますが、なんでこんなにお得なのでしょうか。

ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。

[PR広告]

お部屋の様子(プレミアデラックスルーム)

アップグレードしていただいた、プレミアデラックスルームのお部屋の様子です。

まずプレミアデラックスルームは、リッツカールトン沖縄の中でも9部屋しかありません。

階数 2~6階
客室数 9室
広さ 58m2
テラス 7.5m2
禁煙・喫煙 お選びいただけます。
部屋タイプ ダブルもしくはツイン
ベッドサイズ
ダブル 幅224cm×203cm×57cm
ツイン 幅135cm×203cm×57cm
定員数 1~3名様

お部屋の広さはなんと58㎡!

すごく広いです。都心の2DKくらいの大きさがあるでしょうか?

私達は、当日ダブルベッドの部屋にアサインしていただきましたが、ベットの幅は203センチとダブルの大きさではなく、キングサイズくらい大きいベッドでしたので、子どもの添い寝も全く問題ありませんでした。

ベッドも比較的硬めで寝心地がよく、腰痛持ちの方でも快適に睡眠が取れると思います。

ベッド横にはソファーもあり、ゆったりくつろげるスペースもあります。

ソファー向かいには壁掛けの大型テレビと、デスクになっています。

大型テレビの下の引き戸(一番左下)は冷蔵庫です。

こじんまりとした冷蔵庫が入っています。

中身はこんなかんじ。ジュースやオリオンビール、さんぴん茶などが入っています。

これら全ては有料で割高ですので、お部屋で飲物が飲みたい方は、有料の飲物をそのまま頂くか、前もってコンビニ・スーパーなどで購入してくる必要があります。

因みに徒歩圏内にはコンビニや自販機はありませんので注意が必要です。

お水は人数分準備してありますが、冷えていませんので、到着したらすぐに冷蔵庫に入れることをオススメします。

冷蔵庫の横の引き出し上段には、ウィスキー、ウォッカ、ジンなどの洋酒が入っています。

これらも大変割高な有料のお酒ですので、「割高だろうとなんだろうと気にしないよ。」

という方以外は、外部で購入してきたほうが良さそうです。

というか、このホテルに普通に宿泊する方は、「割高なんだか知らないけど気にしない」という方ばかりなんでしょうね。

でも、私は割高では飲めませんのでココはスルーしました。(笑)

冷蔵庫横の引き出し下段には何も入っていません。

もってきたものを自由に収納するスペースになっています。

ソファー横にはまだスペースが有り、テーブルと椅子のダイニングがあります。

ダイニングエリアの横には、ラナイがあります。

ソファーもふかふかで座り心地良かったです。

外の景色はこんな感じです。ゴルフ場の向こうに、海が見えます。

海のブセナ、丘のリッツと言われているようで、目の前に海が見えるわけではありませんが、これはこれで開放感があってキレイでした。

バスルームの様子です。

窓の外にはオーシャンビューです。すっごい綺麗!

でもバスルームでは注意が必要です。

眼の前がゴルフ場になっていて、朝の8時頃からゴルフが始まります。

ゴルフ場からお風呂は丸見えですので、日中ゴルフのラウンドの時間にお風呂に入る場合は、窓のブラインドをしめたほうが良さそうです。

お風呂はゴルフのラウンドが始まる前か、ラウンドが終わる夕方以降がおすすめです。

特に朝日が登るのを見ながらのお風呂は最高です!

朝の爽やかな空間を感じながらお風呂に入る一時は至福です。

湯船のヨコには洗面台が2台あります。

朝の忙しい時に、洗面台の取合い競争になることはありません。

鏡も縦長で全身が入り見やすいです。

洗面台の引き出しの中にはアメニティが入っています。

  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • クシ
  • ひげそり
  • ひげそり用フォーム
  • 化粧パフ
  • 綿棒
  • ヘアゴム
  • 裁縫道具
  • 入浴剤

洗面台の横にはシャワーブースがあります。

スケルトンタイプで、外からは丸見えです。

シャワーの水圧もしっかりあり、快適でした。

シャワーブースの横には、トイレがあります。

トイレ内も大変綺麗ですが、トイレそのものに扉はありません。

外から見えないようにする引き戸がありますので、引き戸をしめて利用する形です。

お水とネスプレッソは入り口に用意してあります。

リッツ・カールトンのロゴが入った箱の中には、

ネスプレッソとTWGの紅茶などが入っています。

コチラは無料です。

使用した分お掃除の時に補充してくださいますので、お水などは冷蔵庫の中に入れておくと良いかもしれません。

ベットの向かいにはクローゼットがあります。

バスローブなども準備してあります。

パジャマの準備もあります。このパジャマの着心地がすっごい良いですので、パジャマはリッツのものを着ることをオススメします。

実はパジャマは売店で購入することができます。お値段は1万数千円くらいだったと思います。

気に入った方は購入するのもいいかもしれませんね。

写真の奥にダンボールがあるのを気づかれましたか?

リッツから日本全国に荷物(お土産)などを発送してもらえます。

しかもリッツ・カールトンのロゴ入りで(笑)

これちょっと嬉しいですね。(笑)

サイズは100、120の箱があります。

お値段は、50キロまで2900円(税別)です。

50キロまでと考えるとかなり安いと思います。

しかもめちゃくちゃ早く到着しました。なんと関東まで翌日です。早い^^;

あと、クローゼットの中に、人数分ビーチサンダルがあります。

子供用も前もってお願いしておけばもらえます。

「The Ritz Carlton Okinawa」と文字とロゴが入っております。

もちろんお持ち帰り可です。(したで紹介するデラックスルームにもついています。)

お部屋の様子(デラックスルーム)

実は、親族と旅行していた関係で、デラックスルームの写真も撮ることができました。

コチラのお部屋はツインルームです。シングルベットが2台並んでいます。

コチラのお部屋はエキストラベットを1つ追加して頂いています。

エキストラベットの値段は、19,526円です。

このベットに寝た親族に聞いてみましたが、寝心地は良かったようです。

お風呂はプレミアデラックスルームと同じ作りでした。

シャワーブースも特にプレミアデラックスと変わりないですね。

シャワーブースの横にはトイレがありますが、写真左側の引戸を引いて扉を閉めます。

これもプレミアデラックスと同じです。

プレミアデラックスとデラックスルームの違いは、部屋の広さが違います。

階数 1~4階
客室数 54室
広さ 45m2
テラス 7.5m2
禁煙・喫煙 お選びいただけます。
部屋タイプ ダブルもしくはツイン
ベッドサイズ
ダブル 幅224cm×長さ203cm×高さ57cm
ツイン 幅135cm×長さ203cm×高さ57cm
定員数 1~3名様
チェックイン
チェックアウト
チェックイン :15:00
チェックアウト:12:00
駐車場 無料

デラックスルームは45㎡ですが、プレミアデラックスは58㎡です。

あとはお部屋のデザインがプレミアデラックスのほうがちょっと豪華です。

窓からの景色は、コチラのデラックスルームのほうがキレイでした!

[PR広告]

ホテル内を散策

夜のリッツカールトン沖縄の様子

到着は夕方でしたので、夜のリッツ・カールトン沖縄を散策してみました。

夜は、間接照明が本当にキレイで、異空間を演出していました。

エントランスも高級感、重厚感が増し、素敵な雰囲気です。

ロビーフロアも静けさと、沖縄の風が吹き抜けていて、落ち着く空間でした。

足下を照らす照明が、水に反射して、揺らいでいる姿にうっとりでした。

昼のリッツ・カールトン沖縄の様子

日差しを浴びて、水がキラキラと輝いて美しかったです。

息子はここのソファーに腰掛けて、リッツキッズでもらった塗り絵に夢中でした。

ある意味最も贅沢な時間の使い方をしていました(笑)

昼には夜にはない良さがありますね。個性的な城のようなデザインのホテルで、リッツ・カールトンの世界に引き込まれます。

リッツ・カールトン沖縄の屋外プール

リッツ・カールトン沖縄には屋内プールと屋外プールがあります。

遥かに名護湾を見晴らす空へとつづく屋外スイミングプール。
ホテルにご滞在のお客様へご利用いただいております(無料)。

営業時間: 午前8時より日没まで
場所: ホテル棟 1階

プールのサイズ: 長さ24m x 幅 9m(L字型) x 深さ1.35m(水深約1.2m)
子供用レーン: 長さ24m x 幅2m x 深さ 90cm (水深約 80cm)

※16歳未満のお子様のみのご利用は固くお断りいたします。必ず保護者の方の同伴をお願いいたします。

4月末に入りましたが、少し肌寒かったですね。

プールスタッフのお兄さんに聞きましたが、あまり4月に屋外プールに入る人は少ないそう(笑)

でも、だからこそ貸切状態でした。

屋外プールの様子。幼児用のスペースもきちんと区切られていて、浅くなっています。

小さな子どもでも安心です。浮き輪などもつけて入っても問題ありません。

PR広告

レストランでの朝食

レストランでの朝食はGUSUKUでいただきました。

新鮮なお野菜も充実していました。

キッシュやチキングリルも絶品でした。

何気に、沖縄そばとっても美味しかったですよ。

瓶入りのフレッシュドリンクも、水々しい果物の香りがそのままで、とても美味しくいただきました。

ザ・リッツ・カールトン沖縄ブティック

いわゆるお土産物屋さんです。

コチラにはリッツ・カールトン沖縄限定グッズなども多数販売しています。

リッツ・カールトン沖縄限定トートバック8,640円

海にもっていったら最高に可愛いと思います。

私は最後まで悩んで購入を見送りましたが、買えばよかったと後悔…。

最高の着心地だったパジャマは

  • 大人11,500円
  • 子ども6480円

 

リッツカールトン沖縄限定ちんすこう1,620円

お土産にいかがですか?

このショップすごい楽しくて、何度も来てしまいました。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のQ&A

ここからは私自身が『ザ・リッツ・カールトン沖縄』に宿泊するにあたって疑問に思ったことを記事にしたいと思います。

リッツ・カールトンってそもそもなに?

セザール・リッツが、パリのホテル「ホテル・リッツ」を1898年に開業し、続いて、「カールトンホテル」を1899年にロンドンで開業。

1906年にロンドンで「リッツ・ロンドン」を開業。

その後、北米の会社に買収され、ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーという名前で高級ホテルチェーンを展開。

1998年にマリオット・インターナショナルの傘下に入り、マリオットとは一線を画す独自の路線で世界中の富裕層をターゲットにしたホテルチェーンを展開しています。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の場所は?

〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1343−1

ザ・リッツ・カールトン沖縄の電話番号は?

0980-43-5555

ザ・リッツ・カールトン沖縄の添い寝は何歳まで?

公式サイトには以下のような回答があります。

添い寝は小学校6年生のお子様まで可能です。

・添い寝は1室にご滞在の大人1名様につき小学生までのお子様1名のご利用が可能です。

・ベビーベッドをご利用の場合は大人2名様に、お子様は最大3名様までご利用いただけます。

例)・大人2名様でツインベッドまたはキングベッドにご宿泊される場合は添い寝のお子様2名まで。

・大人3名様の場合はツインベッドまたはキングベッドに加えエキストラベッドのご利用となりますので添い寝のお子様3名まで。

・添い寝の場合、小学生のお子様はおひとり様1泊5,000 円(税金・サービス料別)を申し受けます。未就学のお子様は料金を頂戴いたしません。

・お子様料金には、ご朝食、お子様用アメニティー、館内施設利用料が含まれます。

・お子様料金は現地でのご精算となります。

※ご不明な点はホテルまでお問い合わせください。

HARU

簡単にまとめると以下のような形になりそうです。

  • 添寝は6年生まで、ただし小学生以上は添寝でも1泊5,000円かかる(朝食、アメニティ料金込み)
  • 添寝は大人の人数に応じて可能。例えば、大人2人なら添寝は2人まで。大人3人なら、子どもは3人まで。
  • ベビーベッドを使う場合は、大人2人につき子ども3人まで。

 

ザ・リッツ・カールトン沖縄のアメニティは?

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • シャワーキャップ
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • クシ
  • ひげそり
  • ひげそり用フォーム
  • 化粧パフ
  • 綿棒
  • ヘアゴム
  • 裁縫道具
  • 入浴剤

ザ・リッツカールトン沖縄の朝食代は?

大人4520円です。

駐車場代は?

無料です。駐車場無料は嬉しいですね。

バレー式の駐車場なのに無料とは驚きです。

無料のシャトルバスはある?

無料シャトルバスは残念ながらありません。

ただし、有料の空港リムジンバスはあります。

公式サイトには以下のようなアナウンスがあります。

オキナワマリオットリゾート&スパの発着便をご利用の方は、リゾートへの無料送迎サービスをご利用いただけます。

事前に、電話:0980-43-5555までお知らせください。

那覇空港(国内線)-ザ・リッツ・カールトン沖縄 間 (1日1便のみ)

  • 大人 2,100円
  • 3歳~11歳 1,050円
  • 3歳未満は無料

那覇空港(国内線)-オキナワマリオットリゾート&スパ 間

  • 大人 2,100円
  • 3歳~11歳 1,050円
  • 3歳未満は無料

詳細は、こちらからご覧いただけます

※乗車券を、国内線ターミナルリムジンバスカウンター(乗車券販売受付11時-19時まで)、
国際線ターミナル観光案内所(乗車券販売受付9時-18時まで)にてお求めいただけます。
※事前購入も可能でございます。
前日の午後15時まで事前購入が可能でございます。
※空港リムジンバス乗り場は、国内線ターミナル12番、国際線ターミナル2番にございます。
※空港リムジンバスは、いくつかのホテルを経由し運行しております。
※空港リムジンバスに関するお問い合わせは、沖縄バス株式会社・空港リムジンバス(電話:098 869 3301)まで直接ご連絡ください。

無料シャトルバスはありませんが、ハイヤーでのお迎えもお願いできるようです。

中型ハイヤー4名乗り 片道16,000円 (所要時間約75分)

ハイヤーのお手配は、ご到着日の前日までにフライト情報と合わせザ・リッツ・カールトン沖縄まで直接お申し付けください。
お迎えはご到着出口にて、ホテルのロゴを掲げてお待ちしております。

ザ・リッツ・カールトン沖縄
0980-43-5555(代表)

ザ・リッツ・カールトン沖縄のカテゴリーは?

カテゴリーは『7』です。マリオットホテルでは1〜8のカテゴリーに分けられています。

8が最高位です。こちらのホテルはカテゴリー7ですので、かなり上のランクになります。

ホテルの星は5つ星です。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の無料宿泊ポイント数は?

  • オフシーズン    50,000ポイント
  • レギュラーシーズン 60,000ポイント
  • ピークシーズン   70,000ポイント

です。

リッツカールトン沖縄の一泊の値段は?

真冬のオフシーズンで最低31,050円〜。

ハイシーズンで検索すると、一番高い日の最も安い素泊まりプランで113,705円!?です。(高い…絶対泊まれない。)

これらの金額にサービス料が15%、消費税がかかります。もちろん朝食などは付いていません。

最低料金はベイビューではありません。

ポイント宿泊のメリットは?

ポイント宿泊にはメリットがいっぱいあります。

  • サービス料無料(宿泊に金額がかかっていませんので15%のサービス料は無料。)
  • 消費税、宿泊税無料(ポイントに税金はかかりません。)

これは大きいですね!

レストランは予約が必要?

事前に予約したほうが確実ですが、基本的に席があいていれば利用できます。

イタリアンレストラン ちゅらぬうじ/鉄板焼きレストラン 喜瀬/ダイニング グスク/ザ・ロビーラウンジ/ザ・バー

<レストラン予約>0980-43-5555(代表)

営業時間午前10時より午後10時まで

レストランにドレスコードはある?

「スマートカジュアル」がドレスコードです。

ドレスコードについては「じゃらんニュース」のサイトで説明しています。

ドレスコードについてはこちらを参照

子ども同伴でもレストランは使える?

レストランは子ども同伴可です。キッズメニューもありますので、レストランに前もって電話しておくことをおすすめします。

コンビニと自動販売機はある?

残念ながら ホテル内にコンビニや自動販売機はありません。

まえもって準備してくる必要がありますね。

リッツキッズのプログラムはある?

リッツキッズのプログラムは、沖縄のリッツ・カールトンにもあります。

フロントに子どもがいる旨を伝えると、リッツキッズの小さなトートバッグがもらえますので、お子さまがいる方は是非スタッフの方へ近づいてください。

私の担当してくださった方が、経験があまりない方だったのか、リッツ・カールトン京都のように前もって部屋に準備してくださったり、名前を覚えてくださったりといったサービスはありませんでした。

まあ^^;あれはカテゴリー8のリッツ・カールトン京都のホスピタリティがすごすぎなのですが…。

また、スタッフの方に「シールください」のリッツキッズパスポートプログラムは、リッツ・カールトン沖縄にはありません。

ナイトサファリ

ナイトサファリというリッツキッズプログラムがあります。

お子様の探究心と創造性を刺激するお部屋で体験するキャンピング体験!
冒険にでかけるようなわくわくした気持ちを楽しんではいかがでしょうか。

対象客室:プレミアデラックスルーム、スイートルーム
料金:お子様1名あたり 5,400円
※3日前までの要予約
※料金には税金が含まれております。別途13%のサービス料を申し受けます。
※4歳~8歳のお子様が対象です。

こちらのプログラムは、プレミアデラックスかスイートルームのみのプログラムです。

リッツカールトン沖縄に最安値で宿泊するには?

リッツカールトン沖縄に宿泊するのに、最も安く予約するには、公式サイトからの予約がおすすめです。でも、ただ公式サイトから予約するのはそれほどお得ではありません。

公式サイトではベストレート保証をしています。

万が一公式サイトより安いサイトが合った場合は、その安いサイトより25%安くお部屋を提供します。というものです。

例えば公式サイトで5万円のお部屋が、他のサイトでは49,000円だった場合、49,000円から更に25%オフの36,750円で宿泊できます。

おおよそ15,000円引きで宿泊できます。

私は、リッツ・カールトン沖縄の宿泊にはベストレート申請をして成功し、32,127円で宿泊できました。

しかし、当日プレミアデラックスルームにアップグレードしていただき、アップグレードしていただいた部屋の料金は

素泊まりで42,140円でした。

但し、この金額には私の宿泊プランには入っていた朝食(一人4,520円✕2)15%のサービス料、消費税8%が入っていません。

私の宿泊プランには入っていた朝食(一人4,520円✕2)15%のサービス料、消費税8%全てを計算すると、

63,565円/泊(朝食、サービス料、税込)

とても1泊にこんな大金出せません。

しかし実際の宿泊には32,127円/大人2名、添寝1名(朝食、サービス料、税込)しか支払っていませんので、約3万円ほどお得な宿泊となりました。

ベストレートについては、以下の記事を御覧ください。

>>>《1万円以上お得!?》マリオットベストレート申請に成功した方法!失敗しない探し方大公開!

更に、マリオットの会員は、公式サイトからの予約で1ドルあたり10ポイントもらえます。(還元率はおおよそ10倍)

もしも、マリオットの上級会員であれば、更に2.5%ポイントが還元されます。

例えば、上記の金額32,127円で宿泊したときには、1ドルをわかりやすく100円換算すると、4,015ポイント貯まります。

1ポイントの価値はおおよそ1円〜ですので、更に実質4,000円近く安く宿泊することになります。

私は『SPGアメックス』というリッツカールトンが所属しているマリオットグループのクレジットカードをもっていますが、このSPGアメックスをもっているだけで、マリオットグループの上級会員になることができます。

上級会員のゴールド会員になると、当日空き部屋があれば、私のようなアップグレードをすぐにでもしてもらえます

もし、リッツカールトン沖縄に宿泊予定で、SPGアメックスを知らないという方は、以下の記事を御覧ください。

もっているだけで、相当お得に宿泊できます。

>>>SPGアメックスは、持っているだけで上級会員!超お得なカードだった!

[PR広告]

まとめ

沖縄の丘にある最高級ホテルといえば『リッツカールトン沖縄』

沖縄本土において最も高いカテゴリー『7』をマリオットグループより与えられているのは、このリッツカールトン沖縄と、ルネッサンスリゾート沖縄だけです。

リッツカールトンに恥じないその城のような外観に圧倒され、大変美味しい食事も楽しむことができました。

吹き抜けのホテルは大変気持が良いですし、南の風を肌で感じることができます。

沖縄に行かれる方で、記念日など特別の時におすすめできるホテルです。

金銭的に可能であれば1泊ではなく2泊以上すると、このホテルの良さをもっと堪能できそうです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄という名のお城に宿泊。そんな気持ちにさせてくれるお宿でした。

これらの情報が、ザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊を考えておられる方のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

[PR広告]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。