【ザ・リッツ・カールトン京都宿泊記・ブログ】子連れにも優しすぎる最高級ホテル!絶品のピエール・エルメの朝食&人生最高のホスピタリティを体験!




京都鴨川沿いにある5つ星ホテル「ザ・リッツカールトン京都」(The Ritz-carlton KYOTO)に宿泊してきました。

鴨川と東山三十六峰を眺めることができる場所に構えられた「リッツカールトン京都」。

公式ページによりますと、かつては平安貴族などが月を愛でるために別邸を構えた場所だそうです。

そんな伝統ある場所に3歳子連れで宿泊しました。

京都には中学生以下は宿泊できない高級旅館がある中で、リッツカールトンは子どもに本当に優しいです。

この宿泊記が、子連れで「リッツカールトン京都」に宿泊を検討しておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

[PR広告]

現地レポート

秋の紅葉が始まった京都。一年で最も混雑する時期でしたが、私はちょっとだけ早い紅葉見頃5分くらいの時期に、「リッツカールトン京都」に宿泊しました。リッツカールトン京都の門構えは、いわゆる大型ホテルとは違い、品のある京都の佇まいの中に和モダンなハイセンスを感じさせるものでした。

眼の前には京都の代表的な観光地「鴨川」が流れています。

車で当日にむかいましたが、入り口はバレー式でした。(鍵を駐車場のスタッフの方に預ける方式です。)

私は日本車のファミリーワゴンに乗っているのですが、駐車場につくとスーツで「ビシッ」と決めた係の方が荷物をすぐに降ろしてくれました。

しかし、駐車場には見たこともない高級外車がズラリ…。ポルシェとか、ベンツとか、マセラティとか…。

完全に場違いな感じがしましたが、駐車場のスタッフの方は嫌な雰囲気一つさせず、笑顔で歓迎してくださいました。

入り口には人力車がおいてあります。

なんでも頼むと乗ることができるようですよ。

私は、日程に余裕がなく乗れませんでしたが、こういうのに乗って京都の街を散策するのも気持ちがいいでしょうね。

ホテルに入る前に、ホテルの門の方を向かって写真を撮りました。

ホテル前は、小川のような造りになっていて、川のせせらぎを聞きながらホテルに入ります。

ホテルの入口の眼の前は、日本庭園のような造りになっており、秋には紅葉が真っ赤に染まり見事です。

この日は、まだ紅葉5分といったところでしたが、緑と赤のコントラストが本当にきれいでした。夜は、ライトアップにうっとり。

重厚な扉を抜けてホテル内に入ります。もちろん自動ドアです。

[PR広告]

チェクイン

立派な盆栽が入り口に飾られていて、異空間感がすごかったです。

リッツカールトン京都は吹き抜けのような構造になっていて、それはそれはゴージャスでした。

わたしたち家族には完全に場違いな感じです(笑)

通常、ホテルのチェックインをするのはフロントで行いますが、リッツ・カールトン京都では違いました。

ホテルのフロントに向かうと、着物姿の気品あるお姉さんがチェックインを担当。

そのまま、「〇〇様、お部屋にご案内いたします。」と連れて行かれました。

エレベーターでお部屋に向かいます。カードキーをエレベーターの中でかざさないと動かないシステムです。

防犯上安全ですね。

お部屋までの長い廊下を抜けて、お部屋に案内してもらいます。

さて、どんなお部屋が待っているんでしょうか…。

さて、この扉を開けてチェックイン!こんな経験をしたことがなかったので、緊張マックスです(笑)

付いて行ったお部屋は4階で、上層階です。

お部屋に入った途端、窓側のカーテンが自動でオープン!

このおもてなしには驚きました…。

「すごーい!!」を連発しながら、部屋の中に入りました。

着物のお姉さんに、

「〇〇様はゴールド会員ですので、鴨川沿いのラグジュアリールームにアップグレードさせていただいております。」(笑顔)

とさり気なくアップグレードをお知らせいただきました。

SPGアメックス(クレジットカード)を持っているだけでゴールド会員になれるのですが、そんな扱いをしていただき恐縮です。

その際、宿泊者の名前の読み方をきかれましたので、お伝えしたのですが、その後すべてのときに「お子様」ではなく「〇〇くん」と子どもの名前で呼んでいただきました。

これには、息子も喜んでいました。

(HARU)

着物のお姉さんが本当に親切で、ホテルにいる間、息子のことをずっと名前で呼んでくれました。

「〇〇くん、おかえり〜!とか〇〇は楽しかった?」とかフレンドリーに子どもに話しかけてくれたので、親も緊張がほぐれました。

しかも驚いたのは、スタッフ全員が子どもの名前を覚えていることです。こんなおもてなし受けたことがありません。

子連れの旅行は、いつもホテルや周りのお客さんに迷惑かけないか心配ですが、リッツカールトン京都は子どもにほんとに優しいです。

鴨川ビューラグジュアリールーム

では、次は気になるお部屋の様子です。窓側には盆栽があり、和の素敵な雰囲気です。

お部屋の広さも50㎡以上とゆったりしています。

ラグジュアリールームの全体の間取りです。

階数 2-4階 広さ 52-55m2
部屋数 55 ベッドサイズ キングベッド : W183/L203/H46cm
または、ダブルベッド ×2 : W134/L203/H46cm
禁煙・喫煙 禁煙/喫煙 ロケーション 東山・鴨川側(東側)

 

窓の外には京都の観光名所「鴨川」が流れています。鴨川ののどかな雰囲気を味わえる景色で、ぼーっと外を眺めてしまいました。

ただ眼の前の建物からは丸見えなので、気になる方は着替えるときに、カーテンを閉るの必要があります。

ベットは子どもが添い寝しますと前もって伝えていたところ、2つのベッドをくっつけてくださいました。

横の円形のものはスピーカーです。ベットサイドにはコンセントも完備されています。

ベッドは、シモンズ製のベットで気持ちよく眠ることができました。

大人3名+子ども1名で宿泊しましたのでエキストラベットが準備してありました。

通常はこのエキストラベッドはソファのようです。

ベット側から写真を撮ってみました。

奥の鏡のところがトイレです。

チャックイン後にトイレの場所がわからないとフロントに連絡があることが多いそうです。

ということで、奥の鏡の引き戸がトイレ。強調しておきますね(笑)

洗面台が2つあるので、朝の忙しいときに順番待ちしなくてもいいですね。

アメニティも充実、イギリス製のAspreyの石鹸や、京都しゃぼんやのバスソルトなど豪華な品揃えです。

男性目線では、ひげ剃りが三枚刃でした。

あと子ども用のプラスチックのコップも準備されていました。

基本的に全て必要なアメニティが揃っていますので、なにか特別に持ってくる必要はありません。

なにげに嬉しかったのは、子どもサイズのスリッパが準備してあったこと。

大人用のスリッパだとつっかけたりして危ないんですが、これは嬉しかったです。

もちろんスリッパは持ち帰り可です。しっかりした作りで頑丈でした。

洗面所の向かいがバスルーム。

とても清潔で、水滴のあとひとつ付いていません。

バスルームに、入浴剤もあります。ひのきの香りでとってもよかったです。

シャワーは上から落ちてくるタイプと、ハンドタイプがあります。

後ろの桜の模様の壁も素敵でした。

こちらのシャンプーや石鹸などのアメニティも「Asprey」で統一されています。

爽やかな香りで癒やされました。

お風呂の横には、浴衣やなどがあります。

ハンガーも木製のものでした。スーツやジャケット、コートなどをかけて、シワを防げますね。

トイレの中には電話などもあります。

こちらも清潔そのものでした。

[PR広告]

廊下には、無料のコーヒーマシンと、ネスプレッソマシンがあります。

カプセル式のもので、こちらは無料でいただけます。

こちらがコーヒーマシン。

こちらがネスプレッソのお茶の機械(Special T)です。

機械の下には、冷蔵庫があります。

この中のものは有料です。パンパンに入っていますので、外で買ってきた場合は、中の物を出さないと冷やせません。

引き出しには、高級ワインがズラリ。一本3万円などのお値段。

高すぎて飲めませんでした(笑)

グラスもすごい薄いグラスばかりで、子どもが使うのは厳禁です。

子どもに飲み物をあげるときには、洗面台のところにあるグラスのほうが厚いグラスなので安全かもしれません。

コーヒーやお茶を飲むときのカップも素敵です。

窓際のテーブルの上には、洋梨、柿、みかんが一つずつ。これをむいて食べるのでしょうか?

私は頂いて帰りました。

リッツキッズ(Ritz Kids)

子ども用にシールや落書き帳などがおいてありました。

リッツカールトンでは、リッツキッズといって、子どもが楽しめるようにこういったものを準備してくれます。

写真の中のライオンのアドベンチャーパスポートを首から下げてフロントや駐車場、レストランのかかりの方に「シールください」というと、シールをパスポートに貼ってくれます。

フロントの着物のお姉さんにシールを貰いに行ったり、

駐車場のお姉さんにシールを貰ったりと息子も大喜び!

お出かけのときにも駐車場のお兄さんにもシールもらって大満足です。スタッフの皆さんはどなたも感じがよく、フレンドリーで子どもも緊張しないで過ごせたみたいでした。

ちなみにリッツキッズでは、子どもを預かってホテル内部を探検したりもしてくれます。

[PR広告]

ザ・ロビーラウンジ

外で外食したあとに、フロントでチェックイン時の着物のお姉さんに、

「〇〇くんおかえりなさい〜。」と気さくに息子に声をかけていただきました。

チェックインのときに、お部屋にウェルカムドリンクのチケットが人数分用意されていましたので無料ドリンクチケットを使いたい旨を伝えたところ、ロビーラウンジまで案内していただきました。

子どもがいる場合にはバーでの使用ができないようで、後ほどレストランでいただきました。

ソフトドリンク、生ビール、ワイン、スパークリングワインなどと交換できます。

奥のソファー席に案内されました。私達の他にはお子さんを連れた家族がもう人家族だけでした。

無料チケットでいただけるものは

  • 生ビール
  • 白/赤ワイン
  • スパークリングワイン
  • オレンジジュース
  • グレープフルーツジュース
  • アップルジュース
  • ソフトドリンク
  • コーヒー
  • 紅茶

です。チケット一枚に付き、1杯無料でいただけます。

わたしは、スパークリングワインをいただきましたが、イタリアのなんとかとかいうブランドのワインで(肝心なところを覚えていなくてすみません)とても美味しかったです。

こどもにはこぼれないようにプラスチックのコップに入れてくれます。

このコップは使い捨てのようで部屋に持ち帰ってもOKです。

ラウンジでは、有料ですが、「ピエールエルメ」のケーキもいただけます。

ケーキはいくつか選べましたが、「イスパハン」というケーキを選びました。

他にももう一つケーキを食べて、ケーキ2つのお会計は2,600円ほど。

ケーキ一つが900円ほどのものですので、あとは場所代、サービス料でしょうか。

なかなかの出費になりましたが、記念にいただきました。

お昼にはカフェとしても利用できるようで、地元の方が「ここ素敵でしょ〜?」っていいながら、お友達とお茶に来ていました。

そういう使い方もいいですね。

アフタヌーンティーは、平日は4,500円、週末は5,000円です。

メニューは公式サイトのこちらを御覧ください。

ピエール・エルメの朝食

朝食はラ・ロガンダでいただきました。

リッツ・カールトン京都の朝食といえば、ピエールエルメのパンの食べ放題ですね。

一つ400円以上のピエール・エルメのイスパハンのクロワッサンの食べ放題です。

本当に美味しかったので、朝食は頂いたほうが良いと思います。

リッツカールトン京都の朝食は、いままでの朝食の中で一番美味でした。

卵料理は注文式で、席まで注文を取りに来てくれます。

私はエッグベネディクトを注文しましたが、こちらも美味しく、今まで食べたエッグベネディクトの中で圧倒的に一番でした!

フルーツも鮮度抜群で、美しくカットしてあります。

どれもこれも糖度十分で甘くてほっぺが落ちそうでした。

千疋屋などのフルーツ顔負けのクオリティです。

サラダコーナーも充実。チーズにスモークサーモン、生ハムなども揃っています。

この右のエビのマリネ。すっごく美味しかったです。妻があとで何度も話題にするほど気に入っていいたようです。

こんな感じでサラダボウルをつくりました。

ヨーグルトも特別なものがあり、イスパハンヨーグルトをいただきました。

こちらもヨーグルトの概念が覆された逸品でした。

[PR広告]

ピエール・エルメ・パリ ブティック

関西ではこちらでしか購入できない、ピエール・エルメ。

東京ですと、新宿の伊勢丹で購入することができます。

先日、ラウンジで頂いたイスパハン。

900円です。絶品です。

ピエール・エルメといえばマカロンですね。

ここでしか購入できないマカロンもあります。

「マカロン ジャルダン ド 京都」 一つ302円(税込)です。

リッツカールトン京都限定ですので、ぜひ購入してみてください。

私も購入していただきましたが、美味でした以外表現力がないので(笑)ぜひご自身の舌でお確かめください。

朝に頂いたパンも売っていました。

「ローズ風味のアーモンドペーストラズベリーのコンポート パート ルヴェフィユテ、ライチ」

税込410円です。

絶対に覚えられない名前ですね(笑)

こちらも、リッツ・カールトン京都でしか買うことができません。

せっかくですから、お土産に2個購入して帰りました。

プール

私は、滞在中に利用できませんでしたが、ホテルにはプールもあります。

4歳以上の子どもしか利用できないようで、うちの息子はまだ3歳でしたので、入れませんでしたね。

ちなみに水着は無料レンタルで貸してくださるようです。

滝の音を聞きながらリラックスできるようですよ。

入りたかった〜。

鴨川沿いを探索

朝ごはんのあとに、鴨川を歩いてみました。

普通の川と何が違うのかなと思っていましたが、ゆったりした雰囲気で、京都らしさを楽しめました。

あいにくの曇りそらでしたが、真っ直ぐ続く鴨川沿いを歩いてリラックスできました。

こちらはホテルの部屋から撮った写真ですが、赤い矢印のところが、石の飛び橋になっていて、SNS映えスポットなのか、多くの方が写真撮影をしていました。

実際に行ってみましたが、石の舟などもあって京都らしい情緒が感じられました。

[PR広告]

リッツカールトン京都のQ&A

ザ・リッツ・カールトンってそもそもなに?

セザール・リッツが、パリのホテル「ホテル・リッツ」を1898年に開業し、続いて、「カールトンホテル」を1899年にロンドンで開業。

1906年にロンドンで「リッツ・ロンドン」を開業。

その後、北米の会社に買収され、ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーという名前で高級ホテルチェーンを展開。

1998年にマリオット・インターナショナルの傘下に入り、マリオットとは一線を画す独自の路線で世界中の富裕層をターゲットにしたホテルチェーンを展開しています。

リッツ・カールトン京都の場所は?

住所:京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔

リッツカールトン京都の電話番号は?

電話:075-746-5555

リッツカールトン京都の一泊の値段は?

真冬のオフシーズンで最低56000円〜。

桜のシーズンで検索すると、一番高い日の最も安い素泊まりプランで238,000円!?です。(高い…絶対泊まれない。)

これらの金額にサービス料が15%、消費税がかかります。もちろん朝食などは付いていません。

最低料金はシティービューで鴨川沿いではありません。

私が宿泊した日の鴨川ビューのラグジュアリールームは125,000円でした。

もちろんこんな金額を私は払えませんので、貯めていたマリオットのポイントを使って、一生に一度の思い出のつもりで宿泊しました。

リッツカールトン京都のカテゴリーは?

リッツカールトンの所属しているマリオットグループには1〜8までのカテゴリー(格付けランク)があります。

リッツカールトン京都は最高カテゴリーの8です。マリオットグループにおける、カテゴリー8の最高級に格付けされている日本のホテルは、リッツ・カールトン京都、リッツ・カールトン東京、翠嵐(京都)、リッツカールトン大阪、ザ・プリンスギャラリー東京紀井町の5つしかありません。

リッツカールトン京都の添い寝は何歳まで?

12歳未満まで可

12歳以上は大人料金が必要です。

HARU
11歳まで無料なのは嬉しいですね!

リッツカールトン京都のアクティビティは何がある?

クッキングクラス、サイクリング、子ども向けアクティビティなどが準備されています。

詳しくは公式サイト「ゲストアクティビティ」を御覧ください。

ピエールエルメの朝食代は?

税込5,492円です。未就学児は無料です。

他のマリオット系のホテルより少しお高いですが、最高の朝食をいただくことができます。

レストランは予約が必要?

事前に予約したほうが確実ですが、基本的に席があいていれば利用できます。

レストラン&バー ラ・ロカンダ/水暉/ザ・バー/ザ・ロビーラウンジ

075-746-5522(レストラン予約直通)

受付時間:
9:00 – 20:00(月 – 土)
9:00 – 18:00(日・祝)

レストランにドレスコードはある?

「カジュアルエレガンス」がドレスコードです。

ドレスコードについては「じゃらんニュース」のサイトで説明しています。

ドレスコードについてはこちらを参照

子ども同伴でもレストランは使える?

レストランは子ども同伴可です。キッズメニューもありますので、レストランに前もって電話しておくことをおすすめします。

リッツカールトン京都に駐車場はある?駐車場代は?

一般 1,200円(1時間)
ご宿泊 3,000円(一泊)
レストラン・ショップ(1万円以上利用) 2時間無料
2時間以降 1,200円(1時間)

一泊3,000円です。宿泊時の途中の出し入れは駐車場のスタッフの方にお願いして、自由にできます。

普通車47台、ハイルーフ22台、バレー3台の合計72台

リッツカールトン京都に最安値で宿泊するには?

リッツカールトン京都に宿泊するのに、最も安く予約するには、公式サイトからの予約がおすすめです。でも、ただ公式サイトから予約するのはそれほどお得ではありません。

「ザ・リッツ・カールトン京都」に宿泊するのに、お得に予約するには、比較サイトを活用しましょう。

私がいつも利用しているのはテレビCMでもおなじみのトリバゴです。

トリバゴのホームページを開くと、こんな画面が出てきます。

下の赤文字に沿って、記入してください。

ホテル名は↓下をコピペして検索にお使いください。

ザ・リッツ・カールトン京都

です。


検索すると、次にこんな画面が出ます。

例として、ランダムにの2019年10月26日(土)から10月27日(日)で検索してみました。

下の画像では、ホテルズドットコムが最安値と出ました。

それでも22万超えとは…高すぎです。

この際に注意していただきたいのは、なぜか「料金を見る」をクリックすると違う金額がでてきますので、(トリバゴの仕様なのでしょうか^^;)

「料金を見る」を必ずクリック

してください。

すると、ホテルズドットコムのサイトに移動して、以下のような値段が出ました。

「トリバゴ」では211,255円と出たのに、ホテルズドットコムでは167,000円と出ました!

このように金額がちょっと違うこともあるので、比較サイトのトリバゴで「料金を見る」をクリックし、ホテルのサイトに移動して確認することをオススメします。

お時間があるようでしたら、トリバゴで出た他のサイトも確認するとよりお得なプランが見つかるかもしれません。

さてココまでで、一般的なお得な予約方法をご紹介しました。

お値段に納得がいきましたら、是非トリバゴから予約してください。

 

ココからは、少しマニアックな方法で最安値を探す方法をご紹介しますね。

結構面倒な方法になりますので、「めんどくさいことは一切したくない」という方は、どうぞそのまま下にスクロールしてください。

でも、「損は一切したくない」という方は、お付き合いいただければ嬉しいです。

先ほどの探し出した最安値と、公式サイトを見比べてください。

公式サイトをクリックすると以下の画面がでてきます。

赤い角枠の中に京都と打ち込んで虫眼鏡のマークをクリックすると

次は以下のような画面になります。

先程のトリバゴ検索とまったく同じ日程と人数で打ち込むと

先程の最安値167,000円と全く同じ料金がでてきました。

何故かと言うと、マリオットの公式サイトは最安値保証をしています。

これをベストレート保証といいます

万が一公式サイトより安いサイトが合った場合は、その安いサイトより25%安くお部屋を提供します。というものです。

例えば公式サイトで167,000円のお部屋が、他のサイトでは165,000円だった場合、165,000円から更に25%オフの123,750円で宿泊できます。

おおよそ43,250円引きで宿泊できます。

しかし、この「ベストレート申請」慣れている方なら1〜数時間で最安値を見つけられる場合もありますが、普通の方はなかなか公式サイトより安い金額を見つけることは困難かもしれません。(一応念の為、トリバゴで確認しておくことをオススメします。)

それほどマリオットの公式サイトは安いのです。

ですので、ホテルの最安値を探すのに何時間もかけたくないけど、できるだけ最安値で宿泊したい場合は、マリオットの公式サイトからそのまま予約するのが一番です。

しかも、マリオット会員(無料登録)になり公式サイトから予約すると、マリオットポイントがもらえます。

マリオットの会員は、公式サイトからの予約で1ドルあたり10ポイントもらえます。(わかりやすく1ドル100円計算すると、還元率はおおよそ10倍)

例えば、上記の金額167,000円で宿泊したときには、1ドルをわかりやすく100円換算すると、16,700ポイント貯まります。

1ポイントの価値はおおよそ1円〜ですので、更に実質16,700円近く安く宿泊することになります。

更にポイントサイト『すぐたま』には、マリオットホテルを宿泊する際に利用できる3.5%還元広告があります。

すぐたまって何?

『すぐたま』とは広告モール型のポイントサイトのことです。

あらゆる企業が広告を出しており、その広告バナーをクリックすると利用者(私たち)にポイントが還元されます。

ちなみに、マリオット以外にも、楽天なども「すぐたま」に広告を出しており、日頃の買物でも楽天ポイントにプラスしてすぐたまポイントを貯めることができます。

すぐたまポイントはアマゾンギフト券や、Tポイント、現金などあらゆるものに交換できます。

『すぐたま』に無料会員登録し、「マリオット」検索すると以下のような画面が出てきます。

後は、マリオットホテル予約宿泊7.0%mileをクリックするだけで更に3.5%のポイント(現金可)還元されるのです。

《マリオットの真の最安値を探す方法》
  1. マリオット公式サイトで無料会員登録をする。
  2. ポイントサイト『すぐたま』に無料会員登録する。
  3. ポイントサイト『すぐたま』の検索バーでマリオットを検索し、マリオット公式サイトをクリック。
  4. 宿泊したい日付で予約する。

以上の方法で、マリオットポイントとすぐたまのポイントをもらうことができます。

1泊167,000円のホテルなら
  • マリオットポイントおよそ16,700ポイント
  • すぐたまポイント5,010ポイント(アマゾンギフト券や現金と交換できます)

約21,710円相当の値引きと同じ感覚です。

更に、

私は『SPGアメックス』というリッツカールトン京都が所属しているマリオットグループのクレジットカードをもっていますが、このSPGアメックスをもっているだけで、マリオットグループの上級会員になることができます。

私と同じ上級会員のゴールド会員にすぐになれますので、鴨川ビューのお部屋にアップグレードしてもらうことも可能になります。

>>>SPGアメックスは、持っているだけで上級会員!超お得なカードだった!

リッツカールトン京都の宿泊ポイント数は?

  • オフピーク 70,000ポイント
  • スタンダード85,000ポイント
  • ピーク   100,000ポイント

と変更になります。

ポイント宿泊のメリットは?

ポイント宿泊にはメリットがいっぱいあります。

  • 追加のエキストラベット代無料→通常は25,000円程かかります。
  • サービス料無料(宿泊に金額がかかっていませんので15%のサービス料は無料。)
  • 消費税、宿泊税無料(ポイントに税金はかかりません。)
HARU
たとえば、うちの家族は4人家族、一人の子は12歳以上だから添い寝できない。なんてときに、エキストラベットを無料で入れてくれるのです。

これは大きいですね!

しかも、上記で考えた日程なら16万以上するのに、ポイントなら85,000ポイントで宿泊できます。

しかも「今なら」SPGアメックスの紹介入会キャンペーンで最大89,000ポイント貯まリますので、すぐにでもこの「ザ・リッツ・カールトン京都」に宿泊することができます。

>>>8万9000ポイントもらえるSPGアメックス紹介入会キャンペーンはこちら!

[PR広告]

まとめ

リッツカールトン京都は、子どもにほんとに優しいホテルでした。

子ども用のアメニティを用意してくれて、リッツキッズというアクテビティもあります。(私の息子は3歳でしたが、もう少し上の子ですと、ピエール・エルメのパティシエ体験などもあるようです。)

子どものことをどのスタッフの方も大切にしてくれて、笑顔で話しかけてくれます。

特に着物のお姉さん、次の日のチェックアウトのときには担当が変わってしまっていましたが、息子あてに直筆の手紙を準備してくれていました。

しかも子どもが好きな電車(会話の中で一言だけ話した電車の名前も覚えてくれて)をわざわざ手紙に印刷してくれていました。

HARU
これだけ関心を払われたことが子どもは本当に嬉しかったらしく、京都旅行の中で一番楽しかったのはこのホテルだったと言っていました。

ホテルに関しては、もうそれは豪華で、私たち家族にはもったいないような時間でしたが、こちらを緊張させないように配慮してくださったので、楽しい時間を過ごすことができました。

子連れの方にはリッツカールトン京都おすすめです!

以上の情報が、リッツ・カールトン京都に宿泊を考えておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

京都ホテル&カフェ情報

京都旅行でベットの寝心地を重視されている方には、ウェスティン都ホテル京都がおすすめです。ヘブンリーベッドで次の日に全く疲れを残しません。

>>>寝心地で求めるならウェスティン一択!噂のヘブンリーベットは最高の寝心地でした!

京都中心地から少し離れた「宝が池」にあるグランドプリンス京都は、朝食がとにかく美味しかったです。京都の喧騒からも離れていれて居て、日本の企業のおもてなしを経験できました。

>>>【グランドプリンス京都宿泊記】口コミ通りの高評価!絶品朝食&快適なお部屋で日本のおもてなしを経験しました。

実はホテルを探すなら滋賀の琵琶湖も穴場!空いていれば30分ほどで京都市内まで到着できます。琵琶湖を眺めながらの絶景露天風呂や朝食なんていかがですか?

>>>【琵琶湖マリオット宿泊記】温泉を堪能&琵琶湖一望のレイクビューのレストランで絶品朝食!子連れにもオススメ!

京都でカフェに行くなら、ここに行かなきゃ損です。カフェラート世界一のバリスタ在籍で美味しいコーヒーがいただけます。

>>>【アラビカコーヒー京都%レポート】インスタでも大人気!ラテアート世界一のバリスタ在籍!ARABICA KYOTO東山店は厳選メニューで味にもこだわった名店でした!

[PR広告]



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。