マイルの貯め方

【第3回】トライマイル講座 JALとANAどっちのマイルを貯めればいいの?

こんにちは

旅パパのハルタです(^^)

では今日は第3回のマイルの貯め方【トライマイル講座】を始めていきましょう!

ちなみに【第1回】と【第2回】トライマイル講座を見ておられない方は、ぜひそちらから先にご覧いただけると嬉しいです。

さて、前回2回目のトライマイル講座で、航空会社はそれぞれのマイレージプログラムを持っていて、

日本を代表する2つの翼ANAとJALは別々のマイルになっていることをお伝えしましたね。

JALのマイルを使ってANAの特典航空券に交換することはできないですし、逆にANAのマイルを使ってJALのと特典航空券に交換することはできません。

Tポイントで楽天の商品を変えないのと同じです。

つまり、

マイルを貯めよう!と決めたときに、JALかANAかどちらのマイルを貯めるか最初に決めなければなりません。

さぁどっちを選びましょう??(^^)

JALとANAのマイルはどっちを貯めればいいの?

さぁどっち??

となるわけですが、ANAとJALのマイルを貯めるのに次のような一般的なセオリーがあります。

JALマイルの特徴
  • JALのマイルは貯まりにくい。
  • 特典航空券が取りやすい。
ANAマイルの特徴
  • ANAのマイルは貯まりやすい。
  • 特典航空券が取りにくい。

さぁ、どうしましょう…。

マイルを貯めやすいのはANAです。

でもANAのマイルが貯めやすいということは、ANAのマイルを貯めているライバルが多く、特典航空券が取りにくいのです。

ANAのマイルを貯めても、初心者がハワイなど人気路線のビジネスクラスなどはまず取ることができないと思います。

一方で、エコノミークラスなら前もって計画すれば、ハワイなどの人気路線でもなんとか取ることができるかもしれません。

ハルタ

ANAのマイルは貯めやすい。

でも

特典航空券は取りづらい。

これがANAマイルの現実です。

さぁ、JALはどうでしょうか?

JALのマイルを貯めるのは、ANAのマイルを貯めるよりもやや時間がかかります。つまり貯まりにくいです。

だいたいANAのマイルに比べて3分の2くらいの貯まり方かなと思います。

ANAのマイルを10,000マイル貯めたときに、もしJALなら7,500マイル貯まった。くらいの感覚です。

一方で、JALのマイルを貯めている人の数のほうが少ない分、ハワイなどの人気路線でも比較的ビジネスクラスなども予約しやすくなっています。

人気路線のエコノミークラスなら容易に予約することができるでしょう。

ハルタ

JALのマイルは貯まりにくい。

でも

特典航空券は取りやすい。

これがJALマイルの現実です。

さぁ、あなたはどっちのマイルを貯めることにされましたか?

ANAの特典航空券は本当に取りにくい?

僕は、最初マイルの貯め方を知ったときにこう考えました。

ハルタ

よーし!

ANAのマイルのほうがたくさん貯まるなら、ANAのマイル一択でしょ!

マイルがいっぱい貯まったほうがいい!

でもこの考えが失敗でした。

僕はフリーランスで仕事をしているので、比較的平日でも旅行に行くことができます。

それでも、平日で閑散期に休みが取れるのに、大好きなハワイの特典航空券を取るのには苦労しました。

それが、夏休みとか土日祝日しか休みにくい会社員の方ならどうでしょうか?

ANAのマイルを貯めていて、この日にハワイに行くぞー意気込んで特典航空券を検索しても、

ありえないくらい取れないからです。

試しにANAの特典航空券が取りにくいか調べてみましょう。  

【本日2020年9月15日に検索】

旅行の日付は来年2021年8月21日土曜日からです。

※コレおよそ一年先の特典航空券の話ですよ…

人気路線ハワイのビジネスクラスを検索してみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-09-15-18.06.33-2.png
ハルタ

このキャンセル待ちをしたとしても、待てど暮らせどキャンセルが降りてくることはほとんどありません。(何十人待ちというのが一般的)

なぜなら、ANAには上級会員制度があり、年間でたくさん飛行機に乗る人達が上級会員として存在しています。

キャンセル待ちは優先的に上級会員に割り当てられるので、ANAのマイルを貯め始めた初心者の陸マイラーのもとにキャンセル待ちの順番が回ってくることはまずないのです…。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-09-15-18.07.25.png

エコノミークラスはかろうじて一便だけ空きがあります。

覚えておられますか?

これ、2020年の9月に2021年の8月の予約を検索しての結果です。

つまり、一年も前から予約が猛スピードで埋まっていくのです。

ANAの場合、利用するフライトの「355日前の午前9時(日本時間)」が特典航空券の座席解放日となります。

そのタイミングであっという間に特典航空券(ビジネスクラス)が埋まり、ビジネスクラスを取れなかった人がエコノミークラスを抑えていきます。

普通の方で一年前から海外旅行の予定が決まっている人がどのくらいいるでしょうか?^^;

はっきりいって、初心者の方がANAの人気路線の特典航空券を取るのはかなり難しいです。

もし特典航空券を取れないのであれば、ANAのマイルを貯めることは意味がないことになります。

まったく使えないお金を持っていても意味ないですもんね^^;

ではJALマイルではどうでしょうか?

特典航空券は取れるでしょうか?

本当に取りやすいのでしょうか?

先程のANAの特典航空券と全く同じ日程で調べてみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-09-15-18.15.59-834x1024.jpg

結果、行き帰りともにビジネスクラスでも普通に取れます。

そしてエコノミークラスに関しては検索するまでもなく(通常ビジネスから埋まりますので)普通に取れます。

でも、一年前でしょ?

半年前とかはどうなのよ?

そんな声にお答えして、検索してみました。

3月21日土曜日

おおよそ半年後です。

結果は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-09-15-22.34.25-811x1024.png

ビジネスクラスでも余裕で取ることができます。

つまり、JALマイルのほうが圧倒的に特典航空券が取りやすいのです。

それで、このブログでは、

JALのマイルを貯めることをオススメ致します。

だって、特典航空券【無料航空券】取れなければマイル貯めても意味ないですもんね。

今後、【トライマイル講座】では基本的にJALマイルの貯め方をお伝えしていきます。(番外編でANAのマイルの貯め方もお伝えする予定)

僕が貯めてきた方法を駆使していけば、ANAと同じほどJALマイルを貯めていくことも可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ANAマイルとJALマイルどちらのマイルを貯めたいと思われましたか?

【第3回トライマイル講座】では以下の大切な点をお伝えしました。

是非覚えていただければと思います(^^)

JALマイルの特徴
  • JALのマイルは貯まりにくい。
  • 特典航空券が取りやすい。
ANAマイルの特徴
  • ANAのマイルは貯まりやすい。
  • 特典航空券が取りにくい。

ANAのマイルを貯めたい!

という方は、番外編のトライマイル講座を後日作成いたしますのでそちらをご覧ください。

JALのマイルを貯めたいと思われた方は、次回【第4回トライマイル講座】でお会いしましょう!

次回【第4回トライマイル講座】では、JALマイルの具体的な貯め方を解説していきます。

貯まりにくいといわれているJALマイルですが、僕が実践している方法は、ANAを貯めるのと遜色ないペースで貯めていくことができますので楽しみにしていてください。

もし可能であれば…

公式ツイッターをやっております(@asobouyoHaru)ので、フォローしていただけると嬉しいです。

最新のマイルに関する情報などを適宜つぶやいています。

また、TwitterのDMや、この記事のコメント欄、ブログのお問い合わせ欄からの質問も受け付けています。

どんな些細なことでも構いませんので、コメントを頂けるとブログ運営の励みになります。

では、次回第4回トライマイル講座でお会いできるのを楽しみにしています!

ABOUT ME
ハルタ
関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。