京王線の博物館!京王れーるランド

京王れーるランドに行ってきました!

東京都の多摩地区、多摩動物園の真向かいにあります。

もちろん京王と名がつく通り、京王線に特化したテーマパークです。

広さはそれほど広くなく、半日も遊べればいいかなといった感じです。

駐車場に到着!

といっても、京王レールランドの駐車場は1日700円。

ちょっとでも安いところというとこで、京王レールランド沿い徒歩3分くらいのところにある、民間駐車場に停めました。

1日500円ですから、ちょっとだけリーズナブル。

多摩動物園に遊びに行く場合にもオススメです。

目の前には多摩モノレールが走っています。

子どももモノレールはあまり見たことないから、興味津々。

京王れーるランドは、京王線の多摩動物公園駅の真横にあります。

これは電車でくるパパとママには嬉しいですね!

ちなみにこの真向かい(道を挟んで)は多摩動物園です。

今度は多摩動物園にも行ってみよー。

入場料は250円(3歳以上)かかります。

京王レールランドの中にはシュミレーターもあって、模型の電車を走らせることができますよ。

そうそう、京王はバスもあるんですよね。

運転席に乗って、運転手さんの帽子をかぶって、遊べます。(無料)

こんな感じ。

砂時計が置いてあり、2分で交代制です。

二階には、こんな大きなアスレチックがあります。

これは雨の日には嬉しいですね!

子どもたちも大はしゃぎ!

写真の幼児用だけではなく、0歳から1歳くらいのまだ歩けない赤ちゃんの為のボールプールもあります。

京王レールランドのお兄さんなどスタッフの方が交代制で見ていてくれます。

特に、左手の滑り台が結構スピードが出るみたいで、出口で子どもたちとゴッツんしないように、安全に配慮してくれているようです。

二階にはこのほかにも、自販機のある休憩場所や、プラレールで遊ぶコーナーなど、充実しています。

座るところもありますので、お弁当持参でランチできます。

レストランはありませんので、売店でパンを買ったりするくらいです。

コンビニでお弁当買ってくるのもありかもしれません。

車両展示を見るためには、入口から出て、目の前の改札に入ります。

入場時購入した切符を改札に通してそのまま入れます。

おーー!

カッコいいですね!

京王線の過去の車両が並んでいます。

新しいのももちろんありますよ。

個人的には、旧車の方がレトロでかわいいですね。

展示車両の中には入れるものもあり、椅子に座って、本を読むこともできます。

こんなパネルもあるので、インスタ映えもしますかね。

動くミニチュア京王線に乗ることもできます。

子どもには駅員さんの帽子を被らせてもらえます。

まとめ

京王レールランドは、京王線の博物館でした。

小さな電車に乗ったり、車両を見たり、中にはアスレチックがあったり、雨の日にはとっても楽しめると思います。

滞在時間は長くて3時間くらいです。

電車好きの子どもはきっと喜ぶと思います。

是非足を運んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。