ハワイのおすすめレンタカー、実際に使用してみてわかったこと




ハワイに行くのに、レンタカーはあると便利ですよね。

でも、私もそうでしたが、色々疑問や不安があります。

例えば、

「ハワイのレンタカーに国際免許は必要なの?」

とか

「どのレンタカー会社がいいの?」

とか

「保険とかどうすればいいの?」

とか疑問がいっぱいです。

実際に使用してみて、わかったことがありますので、まとめてみました。

ハワイのレンタカーに国際免許は必要?

画像はwikipediaより引用

ハワイのレンタカーに国際免許は必要なの?

これは、サイトによってかなりまちまちな情報が載せられていて、私もかなり迷いました。

だって、行ったあとにレンタカー会社の受付で、外人さんに英語でペラペラと

「国際免許だして」

なんて言われたら顔面蒼白ですもん。

実際、国際免許必要ないよというサイトとか、あった方がいいよというサイトとか、もう情報ご混乱中…。

一例としてハワイのアラモレンタカーの公式サイトのQ &Aには次のような一文があります。

日本の免許証だけでも借りられますか?

ハワイ州とグアムにおいては、有効な日本の運転免許証のみでもレンタル契約・運転は可能ですが、

なるべく国際免許証も一緒に携帯されるようお勧め

しております。

日本の運転免許証のみ利用の場合は、レンタル貸し出しの際にパスポートの提示が必要ですので、お忘れなく営業所までお持ちください。

アメリカやカナダ、他国に関しては、必ず日本の運転免許証と、国際免許証(期限が有効なもの)もしくはアラモの発行する運転免許証翻訳フォームの両方がレンタルの際に必要となります。

「なるべく」ってどういうこと??

それで、不安に思ったので、私がレンタカーをかりたHISに問い合わせてみたところ次のような回答をもらいました。

「国際免許証はハワイは不要です。日本の免許証とパスポート、ドライバーご本人名義の国際クレジットカード、予約確認証をお持ち頂ますようお願い致します。」(メール原文そのまま)

レンタカー代理店の担当の方が大変わかりやすく答えてくれましたので、情報に間違いありません。

持っていくものは、

1:日本の免許証

2:パスポート

3:ドライバー本人名義の国際クレジットカード(VISAMASTERAMEXなど)

4:予約確認証(レンタカー代理店から出される書類。)

よって、ハワイにおいて国際免許証は必要ありません。

私も国際免許証を持っていませんでしたが、何の問題もありませんでした。

ただ他のサイトで調べましたら、事故にあった時に国際免許証があった方がいいとのこと。

地元の警察官で、日本人が日本の免許とパスポートだけでレンタカーを借りれることを知らない人もいるらしい。

そうすると、無免許とみなされてしまい、弁護士を立てたり大変な事態になってしまうとか。

日本人の保養地の様なハワイで、本当に無知な警察官がいるのかはマユツバですが、念のため気になる方は持って行った方が無難だとは思います。

ややこしくなりましたが、法律上は国際免許は不要。でも事故が起きた時に問題に巻き込まれたくない人は持っていくのもアリかも。という感じでしょうか。

スポンサーリンク



ハワイのレンタカーはどこの会社を選べばいい?

次に気になるのは、じゃあどこのレンタカー会社を選ぶ?って話になりますよね。

Hertz(ハーツ)とか、ダラーとか、いろいろあります。

基本的にはどこの会社でも問題ないと思います。

でも、同じ車で同じような保証内容でも、結構値段が変わってくるのです。

しかも、申し込むサイトによっても値段も保障もまちまち。。。

私もかなり時間をかけて調べましたので、オススメのレンタカーサイトを紹介しますね。

どのサイトでレンタカーを借りたらよい?

また同じような疑問ですが、例えばAlamo(アラモ)レンタカーで車を借りるとして、じゃあ、今度はどこでレンタカーを借りたら良いのかという疑問が起こります。

そういうときは比較サイトをオススメします。

大手海外旅行レンタカー比較サイト「RentingCarz(レンティングカーズ)」は私が使用したAlamo(アラモ)レンタカーを含めて、Harz(ハーツ)、Budget(バジェット)などの有名レンタカーショップをすべて一括検索してくれます。

RentingCarz(レンティングカーズ)の良いところは、大手レンタカー会社を一括比較してくれることに加え、

  • 最安値保証
  • 明瞭料金表示
  • SSLでの安全なオンライン決済
  • キャンセル料無料
  • 充実した保証

という強みがあります。

30秒一括検索RentingCarz(レンティングカーズ)

比較の仕方は簡単です。

①貸出営業所を記入する。

②貸出日と返却日を選ぶ。

③貸出時間と返却時間を選ぶ。

④最後に探すをクリック!

たったこれだけです。

30秒一括検索RentingCarz(レンティングカーズ)

ハワイのレンタカーはどこの会社が安い?

ハワイのレンタカー会社はどこの会社が安いのでしょうか?

基本的に、比較サイトで検索した日の最安のレンタカー会社で問題ありません。

私は、旅行の日程の日の希望車種の最安値がAlamo(アラモ)レンタカーでしたので、アラモで借りました。

どのレンタカー会社でも問題はありませんので、比較サイトでよく比較して検討してください。

ハワイのレンタカーはどんな保険に入ればいい?

レンタカーが決まったら、次は保険が気になりますよね。

ハワイはアメリカですから、日本とは異なります。

アメリカは世界的にも訴訟大国として有名です。

「最低限の保障でいいよ。」

という方は、今すぐ考え方を変えたほうがいいです。

むしろ、「最高の保障をできるだけ安く」

と考えたほうが安心です。

アメリカは些細なことでもすぐに訴訟問題になります。

レンタカーをぶつけてしまったり、人をひいてしまって、一生を棒に振るような金額を請求されるおそれがあるのです。

しかも異国ですからね。英語ですし。

ハワイには次のような保険があります。

スポンサーリンク



自賠責保険

自動車損害賠償保険(LP)

LP保険は、日本における自賠責保険にあたるものです。ハワイのレンタカーは全車両、この保険に加入しています。

ハワイ 対人(一人につき)US$ 20,000 対人(一事故につき)US$ 40,000 対物(一事故につき)US$ 10,000

これだけだと、人を引いてしまった場合一事故につき400万円しか出ません。

対物に関しては、100万円です。(1ドル100円換算)

[st-kaiwa1]

BMWやベンツにぶつけたら人生お先真っ暗になります。

さらに人をひいてしまったらとんでもない額の請求となります。

[/st-kaiwa1]

任意保険

追加自動車損害賠償保険(対人・対物任意保険)(EP)

EPは日本における任意保険になります。

対人・対物への補償:1事故に限りUS$ 1,000,000

日本円で1億円の保障です。これだけあれば一安心ですね。

自車輌損害補償制度(CDW)

CDWは、事故を起こしたときではなく、レンタカーを利用期間中に車輌の盗難または損傷を受けた場合に、その損害を補償します。
CDWは保険ではありません。レンタル車輌の損傷または盗難による損害を補償します。
つまり、自分が借りたレンタカーに何かあった時に、助けてくれる保険です。

いかがですか?

任意保険に入らないといざという時にとんでもない目にあってしまいます。

先程、紹介したRentingCarz(レンティングカーズ)の充実プランには、これらすべての保険が含まれています。

ナビ付きを希望される方は、充実プラン+ナビ(Premium Protection+GPS)がオススメです。

まとめ

せっかくのハワイ旅行。

楽しい思い出を、友達と、家族と過ごしたいですよね。

保障がしっかり、のRentingCarz(レンティングカーズ)の保障充実プランがオススメです。

みなさんのハワイ旅行が何事もなく楽しいものとなりますように。

最後までお読み下さりありがとうございました。

30秒一括検索RentingCarz(レンティングカーズ)

ハワイで家族旅行でミニバンお考えの方には、以下の記事をオススメします。

スーツケースが何個積めるかなど、色々な発見がありました!

もし宜しければ、そちらもご覧ください。

ハワイ島旅行レンタカー 家族で借りるならコレ!ダッジ・グランドキャラバンの積載量がすごかった!

[PR広告]

ハワイ島旅行記

ハワイ島の旅行記を書きました。少し長くなりましたので、ハワイ島旅行記のまとめページを作りました。大したことは書いておりませんが、波乱万丈のバタバタ劇となりましたので、もしお時間の許す方は御覧ください。

[PR広告]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。