【ハワイ島旅行レンタカー・ブログ】家族旅行で借りるならオススメはコレ!ダッジ・グランドキャラバンの積載量がすごかった!




ハワイ島に行く旅行を計画していて、レンタカーを借りるならどの車種にしよう?

と悩みますよね。

私は大人5人の子ども1人と大人数でしたので、とても悩みました。

さすがアメリカ!大きな車はたくさんあるものの、予算との兼ね合いもあります。

[PR広告]

HARU

私がレンタカーを探すのに必要条件として考えたのは

  • できるだけ予算を抑える。
  • 大人5人と子ども1人の合計6人全員が乗れる。
  • スーツケースも全員分積載できる。
  • おまけに、日本から連れてきた、ベビーカーも載せれる。

そんな情報を求めて、ハワイ島に行かれて方のブログを探し回りましたが、どうしても見つからない情報が有りました。

それは、

スーツケースが何個載るのか??

という点です。

2歳の息子を含む6人での旅行ですので、なにせ荷物がたくさんあります。

スーツケース大が4つ

スーツケース中が1つ

5個もスーツケースが載るのか?

これは大いに不安でした。

レンタカー比較サイトで検索したところ、いくつかの車種が候補として上がりました。

その中でコストパフォーマンスがよく、荷物が乗りそうなものを探すと、

「ダッジのグランドキャラバン」に行き着きました。

上のレンタカー比較サイトで検索していただければ、同じ車種に行き着くと思います。

画像の値段はランダムの日程で検索した結果です。実際の料金とは異なります。

しかし、このダッジ・グランドキャラバン載らないんです。トランクが5個…

4個しか載らないと書いてあるんです。

コレには困りました。

でも、どの車種もトランクが5個載るなんて書いてありません。

しかもおまけにベビーカーも乗るなんてそんなのどこにも見つかりません。

どうしよう…。

でも、もうコレしか値段的に無理だし、現地で全員車に乗って、5個のスーツケースを載せて場合は、人間が溢れた場合は、ホテルまでの送迎バスを有料でお願いするという勝負に出ることにしました。

そして実際に、5個のスーツケースをトランクに載せてみたところ

[PR広告]

おーーーー!

載りましたよ!載りました!

おまけにベビーカーや、大きなボストンバックも載りました!

しかも人間も6人全員載ることができて、ほっと一安心。

ちなみに、席はどこも潰さず、トランクだけで載りましたよ。愛スーツケースのリモワくんもきれいに並んで嬉しそうです。

ダッジグランドキャラバンおそるべし。

運転席の様子。

カッコいいですが、左ハンドルで慣れるまで時間かかりそう。。

ちなみに日本でいうワイパーの側がウインカーです。

左右逆ですので、最初の頃、ウインカーを出そうとして、何度もワイパーを動かしました。(笑)

オプションのチャイルドシートも無事につけることができました。

ハワイのチャイルドシートは、日本のようにシートベルトで固定するのではなく、椅子にチャイルドシートを取り付けるホルダーみたいなのが着いていて、そこにカチッと金具で取り付けます。

簡単でしたのではじめてでも取り付けられると思います。

後部座席の写真が下手ですみません。

日本のミニバンくらいの大きさはありますので、大人でも座れます。

だいたいイメージとしては、日本のアルファードやヴェルファイヤと同じくらいの大きさかと思います。

それでもアメリカではミニバンでもミニの方みたいで、アメリカの車のスケールの大きさを感じます。

そんなこんなで、ハワイ島に家族旅行で行かれる方、スーツケースがたくさんあるよという方に最善の選択は「ダッジグランドキャラバン」だと思います。

ハワイ島に旅行予定だけど、レンタカーどうしよう…と思っておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

これらの情報が、ハワイ島への旅行を計画されている方の役に立てることを願っています。

最後までお読みくださりありがとうございました。

[PR広告]

ハワイ島旅行記

ハワイ島の旅行記がなかなかの長編となりましたので、下に纏めてみました。

HARU
  • 世界中の天文台が集まるマウナ・ケア山での星空ツアー
  • ハワイ島の溶岩で大自然を満喫のキラウエア火山
  • ハワイのハワイコナコーヒー園巡り
  • 絶景のサンセットアナエホオマルビーチ
  • 虹のかかる滝アカカフォールズ

などハワイ島の観光地やグルメ情報もたくさん旅行記に記しています。

この情報が、ハワイ島観光を計画しておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

>>>ハワイ島旅行記9日間まとめ

[PR広告]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。