【ハワイ島火山噴火】2018 ハワイ島キラウエア火山大噴火!旅行はキャンセルしたほうがいい?噴火範囲、観光や飛行機への影響は?




ハワイ島が、2018年に噴火しました。
日本でもその様子がニュースなどで取り上げられ、地表にマグマが吹き上げる様子や、溶岩などが流れ出ている様子目にしました。
正直、ハワイ島から私が帰ってきてからあまり日がたっていなかったので、そのニュースや動画で見る変わり果てた様子に驚きました。
そういったニュースの様子やネットでの拡散によって、

「ハワイ島は危険!」
「今はハワイ島に行かないほうがいい。」

などの情報が現在も飛び交っています。

本当にそうなのでしょうか?
私はハワイ島に先日行ってきて、活火山を見てきました。

偏った報道や動画により、ハワイ島への旅行者が少なくなるのは非常に残念です。

それで、現在のハワイ島の様子を徹底的に現在の様子を調べてみましたので、ブログでご紹介したいと思います。

[PR広告]



ハワイ島噴火の真相

飛行機は飛ばない?

ハワイ島には、2つの国際空港があります。

  • エリソン・オニヅカ・コナ国際空港
  • ヒロ国際空港

です。

どちらの空港も現在全く火山の影響を受けていません。

通常通り運行中です。

JALの直行便が降り立つのは、コナ国際空港の方です。

[st-kaiwa1]飛行機も通常運行中!

噴火前となんの変化もありません。

[/st-kaiwa1]

噴火範囲は?

現在噴火しているのは、ハワイ島東部のキラウエア火山です。

この火山は定期的にこれまでも噴火をし続けています。

今回は、定期的な火山活動よりも大きな噴火となり、ニュースなどで取り上げられています。

でも実際は私たちの持っている噴火の範囲のイメージとはかなり異なっています。

アメリカUSGSのツイッターでとてもわかりやすい図が掲載されていました。

左側が私たちがニュースなどを見て、感じている現在のハワイ島のイメージ。

右側が、実際の現在のハワイ島の噴火している範囲です。

どうです?

これほどまでに違うんです。イメージや風評被害というのは恐ろしいものですね…。

ハワイ島の真ん中のマウナケア山やマウナロア山が噴火したわけではないんです。

HARU

ハワイ島大噴火と言っても、東部のキラウエア火山が大噴火をしたのであって、全体に影響が出ているわけではありません。

ですので、全く問題ないといっていいレベルです。

[PR広告]



観光への影響は?

2019/1現在、観光への影響は限定的です。

まず、多くの日本人が宿泊するであろうコナやワイコロア、ヒロともになんの影響も出ていません。

マウナケア山のツアーなども平常通りなされています。

HARU
現在はすでに噴火も落ち着いており、キラウエア山の国立公園も80%入場可能です。

まとめ

結論として、ハワイ島の旅行の計画を止めたり、延期したり、キャンセルしたりする必要はありません。

私はハワイ島に2回ほど行きましたが、大自然に恵まれた本当に美しい島です。

お子さんがおられる方ならば、お子さんの脳裏にも一生残る、最高の思い出の1ページを作ってくれると思います。

もしよろしかったら、ハワイ島の旅行記や情報もブログに綴っています。

お時間があればお読みいただければ嬉しいです。

これらの情報が、ハワイ島への旅行を計画されている方の役に立てることを願っています。

最後までお読みくださりありがとうございました。

[PR広告]

ハワイ島旅行記

ハワイ島の旅行記がなかなかの長編となりましたので、下に纏めてみました。

HARU
  • 世界中の天文台が集まるマウナ・ケア山での星空ツアー
  • ハワイ島の溶岩で大自然を満喫のキラウエア火山
  • ハワイのハワイコナコーヒー園巡り
  • 絶景のサンセットアナエホオマルビーチ
  • 虹のかかる滝アカカフォールズ

などハワイ島の観光地やグルメ情報もたくさん旅行記に記しています。

この情報が、ハワイ島観光を計画しておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

>>>ハワイ島旅行記9日間まとめ

[PR広告]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。