ハワイ島のキングスランドのプールを徹底解説!




ハワイ島のキングスランドのプールが、思った以上に快適だったので、記事にまとめてみました。

キングスランドに行こうかなあと思っておられる方のお役に少しでもたてれば嬉しいです。

[PR広告]

キングスランドとは

正式名称は、キングズランド バイ ヒルトン グランド バケーション クラブといい、ハワイ島にあるヒルトンの高級コンドミニアムです。

バケーションクラブという名前が付いているように、ここは普通のホテルではありません。

基本的にはタイムシェアといって、ヒルトンのコンドミニアムの権利を何人かのオーナーで分け合って所有します。

まぁハワイ島に別荘を持つなんて夢のまた夢、億単位のお金が必要です。

それで、別荘を何人かで分け合って購入して、シェアするわけですね。

それでも広さによっては500万以上の資金が必要。

そんなヒルトンのタイムシェアオーナーしか通常は泊まれないのですが、Booking.comなどもこの権利を保有しているようで、普通の方も宿泊予約を取ることができます。

お部屋の情報が知りたい方は下の記事をごらんください。

>>>《ハワイ島コンドミニアムキングズランドの詳細情報はこちら!》

キングスランドのプールはどこにあるの?

キングスランドのクラブハウスの中にあります。

クラブハウスというのは、普通のホテルでいうフロントがあるところです。

クラブハウスの入り口を入って左手に曲がります。

するとラウンジに出ますので、そこを通り抜けます。

この写真は通り抜けて振り返ったところ。

ラウンジも南の風が吹き抜けてとても気持ち良いですよ。

そのまま前に向き直り、まっすぐ突き当たりまで進むとプールの受付があります。

子ども用の砂場用おもちゃもあります。

わざわざ日本から持ってこなくてもいいのでこれは助かりますね。

そこで、チェックインの時にもらったプール券を渡すと、腕にプラスチックの腕輪をつけてくれます。

プラスチックの腕輪が、プールの入場券のような役割になっています。

それと同時に、「タオル何枚いる?」と英語で聞かれますので、

2枚だったら「ツー」とか、3枚なら「スリー」とか言うと枚数分くれます。

[PR広告]

キングスランドのプールに浮き輪は持って入れる?

これは泳げない人や子どもには切実な悩みですよね。

でも残念ながら浮き輪NGのです。

うちの子も小さいので、トーマスの浮き輪を入れようとしたら、監視の方に注意されてしまいました。

上に乗るタイプや動物の形をした乗り物(シャチみたいなやつ)とかもダメです。

泳げない人や子どもにはちと厳しいですねぇ。

まぁ、事故防止やトラブルの防止のためには致し方ないんでしょう。

ちなみに子どもが使うライフジャケットとか、腕輪の浮き輪はオーケーでした。

キングスランドのプールの注意点は?

キングスランドには、小さな子ども用のスライドー1つと、大きなスライダーが2つあります。

大きなスライダーにのるときには、監視員がすぐ横にいますので、その人がオーケー(グッド👍)を出すまで滑らないでください。

前の人と当たらないようにするためのようです。

勝手に滑ると怒られます。(私はその1人です笑)

小さな子ども用のスライダーには監視員の方はいないので、親がよく見てあげる必要がありました。

現地レビュー

子ども用のプールには砂浜があり、砂遊びできます。

砂遊びの道具も貸し出しできます。

砂浜は、どちらかというと砂というより細かい砂利浜といった感じなので、ビーチサンダルは持っていった方がいいです。

裸足でいると結構足の裏が痛くなります(笑)

これはヒルトンさんになんとかしてもらいたいところです。

オモチャの持ち込みは可能です。

このオモチャは現地のスーパーで購入しました。

スーパーには、たくさんのおもちゃがあるので、日本より安く手に入りますよ。

こちらは小さい子ども用滑り台

水しぶきが上がって親子で大興奮!こちらは子ども用のプールになっていて、かなり浅い仕様になっています。

万が一のために浮くための幼児プール用腕輪など装着したら良いかもしれませんね。

こちらは、12歳以上が滑れるウォータースライダー

上述しましたが、滑るときは上の監視員オーケーサインくれるまでは、滑らずに待ってくださいね。

ジャグジーは全部で3箇所にあり、温度は40度くらいで温かくて温泉に入っているみたい。

時期によっては結構寒いので、ジャグジーがあるのは助かります。

私は2月に行きましたが、夜はなかなか寒くてプールに入れませんでした。

ジャグジーでずっとあったまってました^^;

大人専用のプールもあり、子供は入れません。

精神的に子どもの方でも、外見が大人であれば入れます。(笑)

とくに何が違うという点はありませんでしたが、子どもがいないので静かでしたね。

皆さん読書したり、日焼けしたり思い思いに過ごしていました。

バレーボールができるスペースもあります。

バスケットリングもあって、プールバスケなるものもできます。

お隣のラウンジでお昼ご飯を食べたり、コーヒー飲んだりできます。

ラウンジは、現金は使えません。

クレジットカードか、部屋づけのどちらかですので、利用する方はご注意を( ´ ▽ ` )

ラウンジの横にはバーも併設されてますので、お酒もプールと一緒に楽しめますよ。

プールの横で休憩して、またプール。

至福のひと時です。

まとめ

キングズランドのプールは、小さいのかなと思いきや、かなり大きくて小さな子どもから大人まで楽しめました。

真横にラウンジがあり、お昼ご飯もたべれるし、バーでお酒も頂けます。

また、キングズランドに泊まっている方を対象にしたプールでしたので、とても静かで混雑もなくゆっくりリゾート気分で楽しめました。

是非キングズランドに行ったときには、プールに足を運んでみてくださいね。

HARU

キングスランドは、本当に快適なコンドミニアムでした。

しかもコンドミニアムですから、大人数でも大丈夫ですし、

ホテルよりもやすいのも魅力です。

※現在6/16まで楽天トラベルのスーパーセールをやっています!

楽天スーパーセールで私はいつも宿を探すのですが、この期間は圧倒的に楽天トラベルで予約するとお得です!

ハワイ島キングズランド バイ ヒルトン グランド バケーションクラブ(楽天トラベル)

最後までお読みくださりありがとうございました。

[PR広告]

ハワイ島旅行記

ハワイ島の旅行記がなかなかの長編となりましたので、下に纏めてみました。

HARU
  • 世界中の天文台が集まるマウナ・ケア山での星空ツアー
  • ハワイ島の溶岩で大自然を満喫のキラウエア火山
  • ハワイのハワイコナコーヒー園巡り
  • 絶景のサンセットアナエホオマルビーチ
  • 虹のかかる滝アカカフォールズ

などハワイ島の観光地やグルメ情報もたくさん旅行記に記しています。

この情報が、ハワイ島観光を計画しておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

>>>ハワイ島旅行記9日間まとめ

[/box]

[PR広告]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。