【ハワイ島のコンセント事情】電圧、形状は?変換プラグは持っていったほうがいい?




ハワイ島に行くのに、いろいろと持っていきたい電化製品、ありますよね。

スマホ、モバイルモバイルバッテリー、デジカメ、パソコンとかがあるかもしれません。

また女性なら、デンキゴテなども身だしなみのために持っていく方もおられるかもしれませんね。

せっかく持ってきたのに、コンセントの形状や電圧が違くて使えないなんてあったら本当に残念です。

そこで、ハワイ島のコンセントに変換プラグが必要かどうか調べてみました。

[PR広告]

ハワイ島コンセント事情

ハワイ島のコンセントの形状は?

ハワイ島のコンセントの形状は日本のコンセントとちょっと違います。

下の画像が、ハワイ島のコンセントの形状です。

そうなんです。穴が3つあるんです。日本のとはちょっと違いますね。

この下の穴はアース用の穴なのですが、実はハワイのコンセントは日本のコンセントをそのまま差し込んで使えます。

第一関門クリアですが、実は第二関門の電圧という問題があるんです。

ハワイ島の電圧は?日本と同じ?

日本の電圧は100V(ボルト)に対して、ハワイの電圧は(120V)

なんだか近いからいい感じ!♡…ではないんです。

日本国内で使用することを前提とした商品はハワイ島では使えないので、変圧器が必要なのです。

ハワイで使えない電化製品とは?

日本とハワイでは電圧が違うので、以下のようなものは日本仕様ですので使えません。

この写真は我が家のドライヤーの写真なのですが、AC100Vと書かれていますので、この電化製品はハワイではそのまま使えません。

ハワイで使える電化製品は?

ハワイで使える電化製品はグローンバル対応の製品です。

まず、パソコン、スマホ、iPhoneなどはグローバル商品ですので、殆どの場合そのまま使用できます。

これらの電化製品はAC100V〜240Vなど世界基準になっており、あらゆる電圧に対応しています。

そこで、旅行の際には、電化製品のラベルを確認してAC100V〜240Vなどの記載がある確認してください。

HARU
ハワイに持っていく電化製品のラベルの部分を確認した際に確認すべきなのは以下の点です。

  • 100Vと書かれていれば日本仕様で変圧器必要あり。
  • 100V〜と書かれていれば変圧器必要なし。

です。

ちなみに下の記事で紹介しているモバイルバッテリーはハワイでも使用可能です。実はモバイルバッテリーは物によって空港で出国の際に没収されるものがあります。

>>>海外旅行でおすすめモバイルバッテリー。空港で没収されないために知っておくべきこと。

HARU
個人的に持っていくのがおすすめなのは、延長コードです。延長コードを持っていく際も、製品のラベルを確認して100〜240Vなどの国際規格になっていることを確認するようにしてください。
[PR広告]

まとめ

ハワイでは、日本のコンセントがそのまま使えます。

しかし注意したいのは電圧の部分。

100Vと書かれているものには変圧器が必要です。

これらの情報がハワイ島に旅行を計画しておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ハワイに行かれる方は旅好きの方が多いと思いますが、旅好きに圧倒的な人気があるクレジット・カード【SPGアメックス】をご存知でしょうか?年会費は31,000円(税抜き)とかなり高額ですが、ありえないくらいお得な特典が満載です。

国内旅行や海外旅行で、マリオット、シェラトン、ウェスティン、セントレジス、ザ・リッツ・カールトンなどに宿泊を計画しておられる方は、絶対に持っておいたほうがいいです。

>>>SPGアメックスって何?そのものすごい特典を徹底解説!

[PR広告]

ハワイ島旅行記

ハワイ島の旅行記がなかなかの長編となりましたので、下に纏めてみました。

HARU
  • 世界中の天文台が集まるマウナ・ケア山での星空ツアー
  • ハワイ島の溶岩で大自然を満喫のキラウエア火山
  • ハワイのハワイコナコーヒー園巡り
  • 絶景のサンセットアナエホオマルビーチ
  • 虹のかかる滝アカカフォールズ

などハワイ島の観光地やグルメ情報もたくさん旅行記に記しています。

この情報が、ハワイ島観光を計画しておられる方のお役に立てれば嬉しいです。

>>>ハワイ島旅行記9日間まとめ

[PR広告]



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関東在住の1児の父。子どもに小さいときからたくさんの経験をさせて、いろんな感性や価値観を育ててほしいなぁ。と思っていろいろなところに遊びに連れて行っています。 趣味は旅行。大好きな旅行に行くためにポイ活と節約を頑張っています。